電話代行で実際に使える敬語の言い回し

電話代行で実際に使える敬語の言い回し

akamine-0425-i

みなさま、こんにちは。
電話代行の女性管理社畜・赤嶺です。

最近、暑くなってきましたよね。もしかしたら、沖縄だけかもですが…
4月なのに真夏並みの気温です。。。
太陽が痛すぎて1秒も外に出たくないです。
そんな中、社畜Tシャツを着て出勤した社員を見て、新人アルバイトさんが『社畜Tシャツって可愛いですね❤︎』と言ってくれました。社員ならずともアルバイトさんへの社畜化も順調に浸透していってるようです。
(社長の目論見通りだったりして。笑)

ちなみに、社畜Tシャツ以外にも社畜ポロシャツも取り扱っていますので、気が向いたら社畜ショップも覗いてあげて下さい。買ってくれると社畜1号のナマステ緒方君が喜びます。社畜さんじゃなくても、漢字プリントなので海外の方へのプレゼントとしてもオススメです。笑。
是非是非ご検討の程、よろしくお願いします(o^^o)

電話代行で使える敬語

akamine02

さてさて、今回は電話代行で使える敬語というお題で書かせて頂くことになりました。

携帯電話(PHS含む)の普及率130%を超えてる今の時代、日常で当たり前のように電話を使っていますが、よくよく考えると電話って、直接会って話をするよりも機器を介する分、声は聞き取り難くなるし、顔が見えなく表情も読み取れない為、相手が理解してくれてるか判断もつけにくくオマケにジェスチャーも通じない…等、コミュニケーション能力低い人には辛過ぎな かなり不利な状況で意思の疎通を行わないといけない、非常に高度な作業であると言えますよね。

しかし、ビジネスにおいては電話は欠かせないツールであり、社会人としてはある程度の応対スキルを身につけておかなければなりません。

実際にビシネスで使える言い回しをご紹介します

akamine03

例えば会社で電話を受ける際、お電話をかけてくださった相手の声が聞き取りにくい場合でも、キチンとご用件を伺わなければなりません。よくわかってないままの状態で、電話を終わらせてしまう新人さんが稀にいますが、かけてくださった方にも、引き継ぐ相手にも失礼でしかありません。本当に勘弁して欲しいものです。。。

また、相手の声がきこえないからといって
『お客様〜、お声が小さいのでもっと大きな声で話して下さい!!』と馬鹿正直に伝えるのもNGです。
失礼極まりない!!

いやいや、まさかそんな人いないでしょ!?と お思いになるかもしれませんが、コールセンター業務に携わってると色々な方と接する機会が多いもので…笑

新人さんの研修を行う時は
『申し訳ございません。お電話が少々遠いようでございます。もう一度、お聞かせいただけますか?』と、人ではなく あくまで電話機が悪いというニュアンスで対応するように指導をしています。

話し声が小さくて何を言ってるのか聞き取れないという場面は、意外と多くあります。
覚えておくと便利な言い回しです☆

これだけはやめておいたほうがいいと思う電話の対応

akamine0225-1

個人的には、『もしも〜し。もっしも〜し♪』と対応してる人をみると今まで就職した事のない人なのかな?と残念に思います。
学生時代からの癖が抜けないのかもしれないですね。学生から社会人へと肩書きが変わったらそのタイミングで上手に振舞いや対応もシフトしていくのが素敵な大人だと思います。まぁ自分ができてるかどうかは別として…笑

では、また次回(o^^o)


bannerameburo24


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58

ページ上部へ戻る