ビジネスマン必見!メールの使い方

ビジネスマン必見!メールの使い方

akamine0512-i

みなさま、こんにちは。
電話代行の女性管理社畜・赤嶺です。

沖縄がとうとう梅雨入りしてしまいました。雨が降ると外出が億劫になりますよね。
このところ雨降りが続いているので休日は家に引き篭もって過ごすことが多くなりました。
今までは子供にせかされ公園に連れ出されることが多く掃除に専念する時間がつくれなかったこともあり
ここぞとばかりに、あまり手をつけてない場所を気がすむまで掃除をし達成感(ただの自己満足です。笑)を味わっています。

akamine0225-4

せっかくなので最近感動した玄関のタタキ掃除テクニックを紹介したいと思います。
私は普段、タタキを掃除する際、ホウキで掃いた後、水を流しながらタワシでゴシゴシ擦って汚れを落としていたのですが、
これがなかなかの力仕事で面倒くさい作業なので、もっと楽に掃除する方法がないか1度調べてみよう!と思い立ち、グーグル先生で検索することにしました。
するとどうでしょう!やっぱりありました!素敵な方法が(世の中物知りで親切な人が多いんですね)
ホウキで掃き、水を流すところまでは同じなのですが、その後は軽くメラミンスポンジでなぞるんです。
するとビックリするくらい簡単に汚れが浮き出てくるので
今までゴシゴシしてた自分って一体何だったのだろうと虚しくなるくらい
あっという間にお掃除完了しますよ。
風水的にも玄関が綺麗だと良い運気に恵まれるそうなので、ご興味のある方はぜひ試してみて下さい。

ビジネスで使えるメールマナーについて

akamine01

さて、今回は社畜が教えるメールマナー赤嶺ver第2弾をご紹介したいと思います。
皆様は普段生活する中で、お友達や家族へ連絡を取りたい時は電話をかけて用件をお伝えする方が多いと思いますが、
電話だとかけた相手が運転中だったり、かかってきた事に気付いてもらえなかったり、仕事中で手が離せない状況だったり・・・と
なかなかタイミングが合わない時もありますよね。
そんな時、役立つのがメールです☆(今だとLINEのお世話になる方も多いですよね^^)
メールさえ送っておけば相手の都合が良いタイミングで内容を確認してもらえます。

これはビジネスでも同じです。
多忙な方へ連絡を取りたい時、電話したタイミングで相手も手が空いてるとは限りません。
メールであればそんな煩わしさから開放されます。

しかし、しかしですね。
そんな気軽なメールだからこそ気をつけなければならない事があるんです。
メールだと情報が一方通行になりがちです。
用件をお伝えする事はできますが、受け手がメールを確認したのかどうか
送った側が把握できないという点がネックなのです・・・。

メールを確認したか把握するためには・・・?

akamine0225-2

ビジネスにおいてはスピードが命です。
届いたメールに対して迅速に対応をしなければいけません。
返信は早ければ早いほど印象が良くなります。
理想はメールを受け取って24時間以内に返答するのが望ましいと言われています。
返答が遅い。イコール、仕事が遅い。イコール、信用ができない。
と悪いイメージをいだかれがちです。
返答に時間がかかる場合にはその旨を返信するようにしましょう。

また、必ず返信をもらいたい内容の場合は
メール送信後、その旨をお伝えする架電をすると相手に忘れられるという
うっかりミスを防ぐことができます。(人間なのでうっかりする事もありますよね)
下手をすると自分のクビも絞めかねないので、お互いのために確認をいれるようにできると親切ですね。

WINWINな関係を築けるようビジネスメールにも、
ほんの少しの心遣ができると素敵ですね(*´∇`*)


社畜るって何?
banner_footer_melmaga


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58

bc_baner bc_baner02 bc_baner03
tel_side



社畜る連載中




社畜ブログ

  1. i-ogata0308

    2016.3.8

    リーダー論(AKB48・高橋みなみ)を読んでみた感想!

    社畜る~? 逝く逝く♪ \(TдT)/どうも緒方DEATH!前回は良い上司について考...
  2. 1202b-2

    2015.12.2

    ブラック企業の新卒フレッシュ枠 よねのにっき

    こんにちはー☆セブンコードの新卒フレッシュ枠、よねちゃんです。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
keiri_side01
bc_baner
web_side02
ページ上部へ戻る