電話代行で出会った「心を一瞬でつかむ人」から学べること

電話代行で出会った「心を一瞬でつかむ人」から学べること

akamine01

みなさま、こんにちは。電話代行の女性管理社畜・赤嶺です。
いよいよ夏本番ですね!海だ!ドライブだ!!BBQだ!!!
夏ってなんだか、ちょいちょいテンションあがりますね☆
わわわ、わーい(o^_^o)

子供のころの夏休みの過ごし方といえば、ラジオ体操という名目で早朝から公園へ行ったり、
真昼間の太陽に耐えられず近所のスーパーに涼みに行ったり、喉が渇いたらガソリンスタンドに水飲みに行ったり、日が沈むまで友達の家に入り浸ってTVゲームをしたり・・・と、これ以上ないんじゃないかと思くらい毎日を遊び倒し、夏休み最終日になると急にあわてて宿題をやり始め、半泣きに。。。。
絵の課題なんかは短時間で仕上げる為に筆を5.6本持ち、緑色の絵の具を画用紙いっぱいに塗りたくって、芸術的な山の風景画として学校に提出した記憶があります。
それがもとで先生に「手抜きしちゃダメよ!先生には、すぐわかるのよ!もしかして先生の事、バカにしてるの?怒・怒・怒」と、めっちゃめちゃキレられた苦い思い出があります♪
いや~、懐かしいなぁ。(※良い子は真似しちゃダメですよーwww)

電話代行をしていて学んだこと

akamine0225-4
さてさて今回のブログお題は電話代行をしていて学んだ事です。
弊社では建設・製造・不動産・通信販売・飲食・ヘアサロン・会計事務所・司法書士・IT関連・コンサルティング系などいろんな業種の会社窓口として電話対応をさせていただいています。
そのため注文や予約、物件案内など多種多様な内容お電話を受けるのですが
その業界ならではの特殊なシキタリや暗黙の了解など、広く浅く知識をつけることができます。
例えば不動産業界だと仲介業者さまからの物件確認の対応時案内可能な場合は「がんばりマス!」という返答があったりなんかして、結構おもしろいですよ☆

電話代行時に出会った営業担当から学ぶこと

akamine0225-2
仕事柄、かなり多くの営業電話も受けてきたのですが、結構クセのあるおもしろい方が多いです。
元気のない声で、開口一番から商品の説明を長々と始め、大量の情報テロを勃発させる方や
営業電話は取り次げない旨をやんわりお伝えしたとたん「ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい」と大声で3回言い放ち一方的に切電される方。
・・・まるでこちらが脅迫でもしたような仕打ちです。w
営業で架電する事に対しなんらかのトラウマを持ってる方なのかもしれませんが、嫌々仕事してるのがこちらまで伝わってきてなんだかなーって感じでした。
☆人の振り診て我が振り直せ!悪い例は反面教師です☆

そんな中でも、一瞬にして心をわし掴みするような素敵営業マンが稀にいらっしゃいます。
口調が柔らかく、絶妙な間合いで、巧みな話術に引き込まれそうになります。
家電だったら迷わず話を聞いてますね。
そういった方の場合、おもわず「うちの会社で一緒に働きませんか?」と勧誘したくなります。
(もちろん、そこはグっと我慢しますw)
電話を切ったあとも、自分もその方に負けないよう、より丁寧な対応をしようと気が引き締まります。
☆耳に心地よい言い回しは即、取り入れ自分のものに☆

電話代行は1回1回が勝負です

akamine02
電話対応において、一番重要なことは
最初に電話に出た人が会社の印象を決めるということを理解して対応ができるかどうかにあると思います。電話ゆえに表情やジェスチャーで補えない部分がおおきい為、言葉遣いや話すトーン・スピード感はすごく大事です。新人だろうがベテランだろうが電話をかけてきた人にはわかりません。
そういう意味では毎回が1発勝負です!
1件1件を大切に。
受けた電話をまごころこめてクライアントさまへお届けできるよう
日々精進してまいります!


keiri_kakuyasu_banner
banner_footer_melmaga


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58

bc_baner bc_baner02 bc_baner03
tel_side



社畜る連載中




社畜ブログ

  1. i-4gatsu

    2016.6.25

    四月は君の嘘 渡 亮太の名言からお悩み解決代行。

    色々な悩みを漫画の名言で解決を勝手に代行します!というコーナーです。本日の悩みはこちら。
  2. teruya10-i

    2016.10.3

    通販代行スタッフが調べた「味わう秋の味覚」

    おはようございます。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
keiri_side01
bc_baner
web_side02
ページ上部へ戻る