今週のラ 第03話【キチキチきちんと雑談】

今週のラ 第03話【キチキチきちんと雑談】

myself_003_EC

★キチキチきちんと雑談★

良い作品とはどういう作品でしょう。
マーベルコミックより改編、世界中で大ヒットした映画のことですか。または《こちら葛飾亀有公園前派出所》や《笑点》のような長寿作品のことですか。それともジブリのように万人受けがいいものでしょうか。良い作品の定義は人によって変わるものです。世の中には、ロックが大好きで演歌の良さが分からない人もいますし、改編作品について『原作を100%再現しないと論外だ!』と主張する人もいます。誰が正しいか誰が間違っているかではなく、言いたいのは『多くの考えと価値観があるからこそ、この世界が素晴らしくて面白い。』ということです。

myself_003_003
なので、楽しい話や感動の話などの『美』的な作品表現があると同時に、死亡またはモラルでない行為のような『悪』的な作品表現も、存在価値が否定されてはいけません。例えば、西洋ドラマをよく見る方なら《Game of Thrones》をきっと知っていると思います。戦争シーンの完成度の高さから服装設定のこだわりまで、ドラマを超えた演出で評価されています。しかし、暴力・残酷な演出と性的な描写があるため18禁作品に指定されています。『子どもに悪い影響を与える表現があるから、ダメだ。』という過保護な意見があると考えられます。激しい表現があるから悪い作品に分類されるのでしょうか。また、北野 武氏を好きな人はいますか。テレビの出演だけでなく、映画の主役や監督としても世界で有名です。《HANA-BI》、《バトル・ロワイアル》、《血と骨》、《BROTHER》……血と暴力が多くの彼の名作に登場しています。もし誰かが『暴力の被害者もいるので、ヤクザを演じるのは不慎重すぎる!』という理由で彼の作品を弾圧するなら、フランスのコマンドゥール章・名誉侍従の栄光を手に入れた素晴らしい国民が一人消えてしまいます。

myself_003_004
ポジティブは悪いことではありません。しかし、超ポジティブになってしまい、ちゃんと現実かネタかを判断できなくなったのは本末転倒ではありませんか。目を閉じれば好きな物事しか見えませんが、世界はそういう簡単なものではありません。実は北野 武氏の作品の中でも『暴力団を賛美した表現をしたことはなく、拳銃を使った人間は幸せになれないようなシナリオにしている』というコンセプトがあります。喜劇・アクション・ミュージカル・ドキュメンタリー・悲劇……すべてが存在しているのは真実の世界です。

以上は先日会社宛に来たメッセージに対して個人の考えでした。名無しさんのメッセージ本文はこちら:

あんたらのセブンなんちゃらとかいう会社について俺は何も知らない。知ろうとも思わない。俺の人生に一切の関わりを持つことのない完全に無縁の存在だ。だからどうでもいい。しかし一つだけ指摘したいことがあったので今こうしてタイプしてる。
ブラック企業であることを公然とアピールする姿勢は虫唾が走る。過労自殺した遺族の前で「我々はブラック企業です」なんて言ってみろよ。胸倉つかまれて激怒されるぞ。あんたらはもう少し人間らしくあろうとするべきだ。金を稼ぐのは馬鹿でも出来る。頭を冷やせ。はっきり言うけど、あんたら、異常だよ。

myself_003_001
なんでもポジティブ化したり、『言わない=存在していない』という自己催眠を行ったりする人間は大変怖いなと思いました。アンチすることは小学生でもできますが、頭を冷やして冷静に思考できたら初めて大人だと認められますね。さて、メッセージの文面や矛盾点に対するツッコミ点が多すぎて先輩に任せますけれども、またご気軽にご意見をお送りくださいね!今度ご意見やメッセージをセブンコードに送る時、ぜひ影の後ろに隠れず、人間らしく名前・連絡方法を正々堂々と書きましょう。


★海外の名言をシェアしちゃうぞ!★

myself_003_005
『Don’t pay any attention to what they write about you. Just measure it in inches.(自分について何が書かれているかなんてどうでもいい。大事なのは、どのくらいのスペースが割かれているかだ。)』

~アンディ・ウォーホル


Me_Banner


sns_kakuyasu_banner
bannerameburo24


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58
The following two tabs change content below.
ラ ガイシュン

ラ ガイシュン

海外九龍出身のボケ。 Go! Japan、社畜る、キャリコネなど、メディア種類を問わず現在執筆活動活躍しています。本を出版することが夢です。 曲がっている物事が嫌いです。ブラック企業とか。




社畜る連載中




社畜ブログ

  1. shimabukuro10-i

    2016.10.15

    受注スタッフが調べた通販で味わう秋の味覚

    どうも、秋を感じられますか。島袋です。沖縄はこれを書いている今も秋は感じられません。
  2. i-hamano

    2016.11.2

    責任とは?”責任感”とか”責任を取る”ってどういう事か説明できますか?

    はひふへほ~ バイキンマンを崇拝するブラック企業社長の濱野です。色々教育を考えてですね。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
keiri_side01
web_side02
bc_baner
ページ上部へ戻る