電話代行ならではの業務!多種多様な現役の会社の仕事に触れ合える機会が多い

電話代行ならではの業務!多種多様な現役の会社の仕事に触れ合える機会が多い

hirose0213-i

ハイサイ!
インターコード沖縄支社の広瀬です。

年々温暖化の影響なのか沖縄の冬もどんどん暖かくなってきてる気がします。
ここ数年春先から半袖で仕事をしているのですが
それを年末まで継続させるという訳のわからない自分ルールを設定し
毎年12月は若干やせ我慢を強いられるという状況だったのですが
なんと去年は寒くて辛いという経験を一日もすることなく過ごせてしまったのです。

それどころか年明けも1月半ばくらいまでは
衣替えををしたことを後悔するような陽気だったものですからビックリ。
沖縄がハワイやグアムのように余裕で一年間過ごせるようになる日もそう遠くないのかもしれませんね。

さて今回の記事のテーマは
『電話代行で役立つ知識』という事だそうなのでご紹介させて頂きます。

電話代行で役立つ知識

hirose0213
電話代行という業種は職業柄いろんな職業の受付業務をするので
いろんな業界の戦略や、早い情報が入ってくるという部分かもしれません。

もちろん外に出せるようなものは一切ないのですが
どういう物やサービスを売っていたりだとか、どんなキャンペーンを行っているのか。
どんな情報がヒアリングすべき必須事項なのか等々です。

なんとなくではありますが現在900社以上のお付き合いがありますので
各業種、業界の決まりごとであったりとか現在の流行りがなんとなく見える場合もあります。

あとは予約代行や、注文代行もありますので
様々な便利な業種に特化した最新システムを利用させていただける事も大変貴重な知識になります。

今や情報というものが重要視されるビジネスの世界で
こういった多種多様な現役の会社の仕事に触れ合えるというのは電話代行ならではなのではないでしょうか。

弊社もベンチャー企業の為
今後どんなビジネスを展開していくかというのは時代の流れの見極めが必要なので
もしかしたらこれら電話代行で得た情報から立ち上がる事業や、クライアント様とのコラボを展開出来る可能性があるというのは
大変楽しいことですしワクワクしますね。

電話代行業務に必要な電話回線やインターネットの知識にも詳しくなりました

hirose0213-2

また、そういった外部から仕入れる情報の他では
内部の設備を改善するきっかけで普段知りえない情報や知識を得ることもあります。

例えば電話代行業務では間違いなく必要になるであろう
電話回線、インターネット、電話機、主装置、業務管理システムなどがそれにあたります。

日々サービス内容や機能というものは新しく追加されていったり便利になる為
既存の設備が古いままにしとくととてももったいないことになる可能性があるのです。
現に僕が沖縄に来てからも色々と仕組みは変わっていきます。

電話回線の契約内容から支払い方法。
管理システムの機能拡張から電話主装置のクラウド化などなど。
常に新しいものは高いイメージがありますが
ものによっては新しくなり、機能が増え改善された上に長い目で見れば値段が安くなるというものが結構あるんです!

電話代行で得た知識はどのお客様にも応用の効く知識

hirose0201-3

電話やネット関係のインフラは電話代行に限らず
どの会社でも大体必要になってくる設備になってくるとは思いますが
電話代行の業務に携わっていると頻繁に業者さんとのやり取りがありますので
情報が入った段階で提案してくれたりしますので他の企業よりは情報のスピードが速いことがメリットですね。

得た知識をお客様にも情報提供し喜んでいただけることもありますのでプライスレスな知識だと思います。

ではっ!(・ω・)ノシ


keiri_kakuyasu_banner
bannerameburo24


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58

bc_baner bc_baner02 bc_baner03
tel_side


banner_shop

社畜る連載中




社畜ブログ

  1. i-tyui

    2016.1.9

    議論・話が噛み合わないたった一つの理由。部下の提案が見当違いで悩んでる社畜へ

    アラホラサッサー! ドロンボーを崇拝するブラック企業社長の濱野です。
  2. mic

    2016.1.10

    ブラック企業社長・濱野秀昭を勝手に自己紹介代行!

    みなさま、こんにちは。電話代行の女性管理社畜・赤嶺でございます。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-saiyou blog_side06
web_side02
bc_baner
keiri_side01
ページ上部へ戻る