沖縄の社畜の母!ふち子を勝手に自己紹介

沖縄の社畜の母!ふち子を勝手に自己紹介

mother_001

はひふへほ~
バイキンマンを崇拝するブラック企業社長の濱野です。
社長
社員から「1週間で10記事くらい書け」と命令が来ました。まあ、昔はね。毎日書いていたから良いんですよ。別にブログを書くことは。
それでね。これまた社員がね……「誤字脱字がひどいから読む気しない直せ」って言うんですよ。
社内メールとかたくさん文章を書くんですよ。誤字脱字があるのは自覚があるので、3回の見直しを3セットくらい読みなおすのですが、それでもあるんですよ。

さらにね。会社の契約書とかも基本、僕が作ってるんですよね。
契約書のように誤字脱字をなくすとなると、日をおいて見なおしてって3回ほどやるんです。
こうすると一つのブログに半日くらいかかるんですよね。だからブログの編集長を立ててチェック機能を設けたのですよ。
そしたら、それも「コストがかかるから何とかしろ」って言うんですよ。

mother_005
それを沖縄の山Pに相談したら「睡眠時間削ってでも誤字脱字を直したらいいんじゃないでしょうか」って言うんです。
社長に対して無理難題を押し付けてくるって完璧なブラック企業じゃないですか?
本気で会社を辞めたいと悩んでいる今日この頃です。

社畜のアンマー:フチ子さん

mother_002
淵脇さんなのでフチ子さんです。上記のような僕の状況を知ってくれたら、きっと優しくフォローしてくれます。
社員の中で最年長で社会人経験も長いので常識などをキチンと新卒に教えてくれます。
本当に本当に助かります。僕が誤字脱字で吊るしあげられているのを見て、「そもそも社長にブログやらメールやらを書かせる方がいけないのよ!」って諭してくれていると思います。

社畜のアンマーの悪いところ

淵脇さん01
フチ子さんの悪い所は、なかなか見つからないのですが、しいてあげるとすれば、腰です。
以前に交通事故に遭ってしまいその後遺症の影響もあるかと思うのですが、もしかしたら運動不足も原因ではないかと思っています。
沖縄支社のインターコードでは法人契約でジムに加入したのですが、みんなでジムに行った時に15分で音をあげて帰ってしまったという情報を入手しました。
いつも会社の大事な所を任しており、たくさんの仕事をしてくれているので今後の体調管理が心配です。

社畜のアンマーの良い所

mother_001
沖縄のムードメーカーです。
飲み会などを盛大に盛り上げてくれます。沖縄に来た時は何も気を使わずに盛り上がるので本当に安心して飲めて楽しい時間を過ごせます。
仕事面も細かいし1人でも切り盛りして結果を出してくれます。
一般的にはサボりやすい業務なのですが、自分で仕事を見つけ、積極的に営業活動などもしてくれます。現在のセブンコードグループを支えてくれる柱の1人です。
また、沖縄でめっちゃ顔が広いです。

沖縄県民の3分の1はフチ子さんを知っていると思います。沖縄出身及び沖縄の会社に勤めている40代以下の芸能人、経営者はフチ子さんに頭が上がらないと言っていました。
なんやかんやパソコンが苦手だ、ブログ書くのが苦手と言いながら管理ソフトを使いこなし、ブログも面白く書いてくれます。
何かに付けても手を抜けない性格だと思います。

自分の腰を大事にしながら、僕らのアンマーとしてこれからも元気に暴れてくれればと思います。
では、今日はこの辺で、グッドブラック!

電話代行スタッフ・淵脇がすすめる”社畜る”サービス!!

淵脇さん
予約受付代行
・せっかくお客様から入電があったのに、お応えできないなんて悲しくないですか?
ご予約の電話を取りこぼさないために、ぜひ社畜るをご利用ください!
>> 電話代行の詳細はコチラへ



banner_footer_melmaga


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58
The following two tabs change content below.
濱野 秀昭
株式会社セブンコード 代表取締役 エアコンが苦手。弱冷房で死にかけた




社畜る連載中




社畜ブログ

  1. 12aa

    2015.12.15

    ホームページ制作担当社畜・緒方の好きなものからWeb紹介!

    はいどうもこんにちわ。
  2. i-ogata0208

    2016.2.9

    自分の人生は自分で作るしかない!自律するためにもっと自分を知れ!

    社畜る~? 死ぬ死ぬ♪ \(TдT)/どうも緒方DEATH!前回は社会に必要で、価値...

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
bc_baner
web_side02
keiri_side01
ページ上部へ戻る