ワンダーフェス参加代行!禁断花園のレポート

ワンダーフェス参加代行!禁断花園のレポート

wf2016_EC

ごきげんよう、命知らずのキチガイシュンです。
命知らずガイシュン』コーナーへようこそっ!『闘会議』の続き、また仕事で幕張へ行きました!


『ワンダーフェス』って何〜?

wf2016_016
今回取材に行ったのはフィギュアや模型が主人公のイベントーー『ワンダーフェスティバル 2016[冬](Wonder Festival)』でした。海洋堂主催のこのイベントは、30余年の歴史を渡りました。最初大阪で入場人数が700人しかいない規模でしたが、現在は夏・冬を問わず50,000人以上も集まられる祭りであります。おもちゃ・フィギュア公式の大手が参加するメーカーブースももちろん大人気ですけれども、個人やサークルとして参加できるのも一つの大きな特徴です。コミックマーケットの同人誌作者と似ていて、ワンダーフェスティバルではおもちゃや模型を自作して売るディーラーが多く集まっています。ここは単純に商品の売買だけでなく、もの作りと入場者との交流場でも考えられます。
wf2016_007


おもちゃの祭りだけではない!

wf2016_006
2016年はデフォルメ風フィギュア『れんどろいど』シリーズの10周年になり、10周年イベント企画の一環として出展しました。日本のアニメやゲームだけでなく、ミッキーマウスやマーベルのヒーローたちなどもれんどろいど化したことがありますよ!一方、ロックマンが主人公である例のホビー・ロック今年ももちろんありますね。津島直人氏の原稿をはじめ各ロックマン世界の生原稿が読めますし、新作の関連フィギュアもたくさん並べてあります。そしてマクロスのほうは、《マクロスΔ》第1話の先取りエディションが上映したり、ファンがステージに上り歌う『キラッといけボー☆私たちの歌をうたえーっ!!』イベントが行ったりして、見物以外他の楽しめる方も多いですね。
wf2016_008


忙しい先輩の代わりにイベント代行した……

wf2016_015
『一緒に行きませんか?』と会社の先輩たちに聞いたら、なぜか全員『引っ越す作業が多いので、いけないわ。』と返事しました。先週闘会議と同様、結局自分で参加代行しかないことになってしまいました……恐らくメーカーブースについて、例えば製作中の新商品またコスプレイヤー特集などのレポートはもういっぱい存在していると思いますね。なので、今回わたくしは『個人・中小ディーラー』に着目したいです。ディーラーたちは様々な種類のものを扱っています:ソフトビニールおもちゃとか、背景の小人/小物とか、スーパードールとか……そしてその中で一番人気があるのはフィギュアです。
wf2016_018


世界で一番のフィギュアさま

wf2016_010
現在市販なら簡単に塗装済みのフィギュアが買えますね。箱をあげたら、すぐ飾って楽しめます。しかし、十数年前だったらフィギュアは手軽に遊べるものではありませんでした。未塗装キットを買ってから、自分で色をつけ、組み立てをしなければいけません。なので技術力の低い人は職人に頼まなければ無理時代でしたね。現在塗装済みの完成品が簡単に買えますが、『自分だけのフィギュア』・『公式にはない表現』を求めたいコレクターズにとってワンダーフェスティバルは宝の山です。
wf2016_013


公式のないものを作り出す!

wf2016_017
実際に現在のアニメ・ゲーム人気作をそのまま反映し、ワンダーフェスティバル 2016[冬]では今旬の《艦隊コレクション》、《ラブライブ!》のファギュア作品がもっとも多かったです。しかしヒット作だけでなく、数十年前の古い名作やファン人数が少ないマニアック作品などのフィギュアとおもちゃも探せるのは、一番ファンに喜ばせるポイントです。まさか《Hellsing》や《鉄騎大戦》が見えるなんでわたくしもびっくりしました!
wf2016_014


ファンタジー x セクシー!大人の花園

wf2016_011
美少女キャラクターといえば、ワンダーフェスティバルの18禁エリアも紹介しなければいけませんね。年齢チェックカウンターを通さなければ、たとえディーラーの参加者でも簡単に入りません。この厳密にガードされた花園には、緒方さんの大好きの18禁フィギュア、セクシーなコスプレアルバム、ディーラーさんが独自開発した大人のおもちゃ……ドキドキさせるネタ満載の区域です。恐らく、原作ではないシーンを求めている人にとって、これは実現の一つの形かもしれませんね。
wf2016_012


ニコりする面白い小物

wf2016_004
美少女系以外、動物またはシュールなデザインおもちゃも多くあります。メーカー・パンダの穴さんのガチャガチャを思い出すほど、日本の独特なお笑いセンスを注がれたデザインがたくさんあります。友だちへのお土産ならちょうど良いかもしれません。例えば鯛焼きを食べているモアイ像とか、または動物兵士とか、日常生活の普通な物事と超現実な要素の組み合わせで大変面白いです。ちなみに今回引っ越しで行けない先輩たちのプレゼントについては、超リアルな虫フィギュアを用意しました。リアルしすぎて手のひらに置くだけで、鳥肌が立ってしまいます……いいえ、別に嫌がらせでもなんでもありませんよ!
wf2016_003


匠の技・職人の心・軍事系ブース

wf2016_002
軍事ものは、このイベントで永遠のテーマのひとつであります。他のジャンルと比べて原型師さんの平均年齢が高いようですが、模型への愛情は若者には負けられませんよ!軍事もののブースには、『細かさ』で勝負する原型師さんが多いです。一つもっとも印象深かったのは1:200以上の戦車でした。最初の感想は『ただの小さいタンクだろう』でしたが、虫眼鏡で見たら様々な部品・装飾が綺麗に描いてあります。その他はアプリと結合したコントロールできる戦車や、一体成形の細かいロボットが、いろいろあります。もしかしたら、日本のトップレベルの匠たちがここに集まっているではないかなと考えられます。
wf2016_001


wf2016_009
個人/サークルのディーラーさんたちは大手のメーカーさんのように大量生産ができません。また、彼ら彼女らの中で多くの人は他の本業があり、趣味に投資できるコストはプロより少ないでしょう。そして一人ひとりのロマン、こだわり、持論もバラバラです。しかし、知り合いの同好・初対面の人を問わず、好きなものについて熱論していました。あの楽しそうな姿を見て、大人になって何か失ったものを再発見した気がします。
wf2016_005


つづく


White_CM-1

Me_Banner


社畜るって何?
bannerameburo24


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58
The following two tabs change content below.
ラ ガイシュン

ラ ガイシュン

海外九龍出身のボケ。 Go! Japan、社畜る、キャリコネなど、メディア種類を問わず現在執筆活動活躍しています。本を出版することが夢です。 曲がっている物事が嫌いです。ブラック企業とか。




社畜る連載中




社畜ブログ

  1. %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e5%ae%8c%e6%88%90-%e9%a3%af%e6%b2%a2%e7%a4%be%e9%95%b7

    2016.11.17

    起業数年で失敗する人の共通点:ポリシーがない【株式会社ヤツルギ魂】

    この記事は「現役の会社社長をお招きして、過去に失敗した話やそこから得た教訓を学ぶ」企画です。
  2. dd

    2016.4.18

    ブラック企業24時(デザインやってみた)15日目

    はい!!社畜JKのみちゃきです!(๑˃̵ᴗ˂̵)و 第12回目~!!!アメーバフレッシュ...

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
bc_baner
web_side02
keiri_side01
ページ上部へ戻る