取引先を訴えようかなぁ。【ブラック企業の社内報vol.62】

取引先を訴えようかなぁ。【ブラック企業の社内報vol.62】

hamano0501

マミムメもっちょさんだよ(・∀・)

一週間が早すぎるっちょ。

さっき社内報を公開したと思ったら、もう更新だっちょ。
ひゃーーー(T_T)

そして今回は緒方がわるいっちょ!
緒方の担当原稿があがって来るのに遅かったので今回はこの時間になったよ。本当にごめんなさいm(_ _)m
あいつには死んで詫てもらうっちょ。

目次
———————————-
・ブラック企業社長濱野の嘆き
・主な今週の動き
・これからの企み
・弱小企業が勝つために探しましたこれからの流れ
・社畜が気になるニュース
・包み隠さず公開!数値のあれこれ!
 ▼9月の東京部署の数字
・質問
 ▼社内間で楽しく質問に答えています
・ブラック企業を励ます声
 ▼にょきにょき24のCDを発売します。
・最後に
 ▼社長のつぶやきです。
———————————-
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
・ブラック企業社長濱野の嘆き

はひふへほ~ バイキンマンを崇拝するブラック企業社長の濱野です。
ライザップって50社くらい子会社があるらしいです。

グループでいうと皆が知ってる「結果にコミットする」ライザップ事業は全体の3割程なんだとか。
すごいよね。

実はライザップが始まる前に一回お会いしてるんですよね。
その時流行ってた吉田式みたいな事業を一気に3店舗東京に出すんだと。
「ふーん」って聞いてたんだけど、まさかここまでの規模になるなんて。。。

吉田式も本を出したりしてすごく有名なんだけど、それをビジネスとしてスケールしたのがライザップ。
吉田式を批判するわけではないんだけど、経営者の考え方とか能力でここまでビジネスとして差がでてしまうんですね。

そういえば、アップルとマイクロソフトも似てるかも?
アップルがアイコンとかいまのパソコンのベースになってるOSという物を作って人気が出始めた所をマイクロソフトがまんまパクって一気に世界一に躍り出る。
こうみると経営者って以下にパクって広げるかっていうのが大事な気がしますね。

なにか新しい事を始める人をはビジネスで広げるよりも生み出す喜びを感じるのでタイプが違うんですかね。
ソフトバンクも今では携帯電話会社じゃなくて世界の投資ファンドです。

本当に豆腐のようにお金を1兆2兆と数える仕事をしてるからスゴイです。
ここから何を気にしなければならないかというと成長ってスタイルの変化だと思ってます。
何かを生み出す。それを伸ばす。今までのやり方を変えて更に伸ばす!

まさに守破離!!

守るだけだと年老いて終わります。破壊して次のステージに行かないといけないんす。
守ってきたばかりでいると、気がついたら若い人達がそれを土台に兵器で「破!」「離!」ってしていきます。
まだまだ37歳。 スタイルを年齢と時代に合わせて変えていきたいと思います。
そういえば野球もそうだよね。勢いで押していく甲子園、プロ新人、コントロールと技巧を身に着けて試合の結果をだすベテラン。
そういう事ですよね。
セブンコードも「自分ら作って売っていく」事から「社員以外の仲間を増やす」スタイルに変化していきます!!
変化する前に今の世の中はどうなってるのか。このあたりを今日はお伝えしたいと思います。
●これから絶対にくるコミニティの時代とコンプラと昔

今週の動き
●怒り爆発!!訴えてやる!! 取引先を訴えたる!って言ってみた結果。
●ラスタ原宿との提携はどうなった?
●M-1グランプリ2回戦の結果と裏側

続きは【ブラック企業の社内報】を購読お願いします


cc_kakuyasu_banner
bannerameburo24


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58

black24 note_banner blog_side01 banner_shop banner_rouki002


banner_shop

社畜る連載中




社畜ブログ

  1. yonk_003

    2015.12.23

    ブラック企業の新卒!歌も歌える電話代行スタッフ よねにっき

    こんにちはー☆セブンコードの新卒フレッシュ枠、よねちゃんです。
  2. miyagawa0610-i

    2016.6.10

    電話代行スタッフが考える「お客様のために行動するということ」

    こんにちは。インターコードの電話代行兼料理人代行宮川です。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-saiyou blog_side06
web_side02
keiri_side01
bc_baner
ページ上部へ戻る