起業して成功する人と失敗する人の差はここだ!/ピンクカンパニー

起業して成功する人と失敗する人の差はここだ!/ピンクカンパニー

スクリーンショット 2017-11-04 21.01.58

こんにちわ〜!社畜るライターのこじもりこと、小島です!
社畜るを運営しているセブンコードでは毎週木曜日に、色んな会社の社長にお越し頂いて起業をするに至った経緯や経験談を聞かせてもらう「もっと社長を知りまショータイム」という番組を運営しています。

今回ショータイムにお越し頂いたのは、株式会社ピンクカンパニーの宇賀田裕社長です!

主観的な判断が事業のバランスを崩壊させる

—結構好きなことや趣味を仕事にしようという方向に動いたりされてるんですか?

実は僕にとってアニメとか、そういったものは趣味ではないんです。これは僕の持論なんですけど趣味は商売にしちゃいけないと思うんですよ。

中には自分の好きなことがお金に変えていけるという幸せな人もいると思うんだけど、自分の好きなことでお金を稼ごうとして邪念が入ると客観視できないと思うんですね。例えばこのキャラクターが好きとかっていう、プラスのバイアスが掛かると、本来100円しか価値がないものを150円で売って失敗したり、そういうバランスが崩れたことが起きやすくなるのかなって僕は考えてます。

だから僕、アニメは好きでよく見ますけど、100%それに人生かけてるとかゲームに課金してるとかそういうことはなくて、一定の距離を置いて客観視しようというのはありますね。

えっ?たこ焼き屋って趣味じゃなかったの?

—じゃあたこ焼き屋に関しても趣味ではなく、ある程度客観視した上でこれはいけるって踏んだ上で取り組もうとしているんですか?

はい。趣味のものと衣食住は違うんですね。

趣味というのは、突然自分の前から無くなっても心の中にぽっかり穴が空いたりはするかもしれませんけど命の危険はないじゃないですか。

でも、衣食住っていうのは食べなかったら餓死しますし、服がなくても凍え死にますよね。

そういう趣味の段階の事業もやってきたので、今度は現実的なさっきの生存、自己実現からいうと逆にいった部分の生理的な欲求の部分にも振っていこうと思っています。

 

マスコミ志望だったのを諦めて、百貨店に30年間勤めた理由

僕は大学生の時に僕もともとマスコミ志望でした。なぜかっていうとアメリカの1950〜60年代のポップスとかポップカルチャーが好きだったんです。

当時は東芝音楽出版ってところでアルバイトをしていました。東芝が出している音源とかの管理とかをやってる会社で、そこでレコードラックの整理とかして余ったやつをもらったりしていて、そのまま就職もそこに潜り込もうかなと思っていたんですね。

でも就職する半年くらい前に、そこの人とか音楽評論家の人達に飲みに連れて行かれて、「お前はこの業界に就職すんの辞めとけ」と言われました。

趣味として僕がこんだけ好きだってことをその人たちはすごく理解してくれていて、

「お前がこんだけ好きだってのはよくわかる。ただポップスが好きでも東芝だって演歌やクラシックやジャズとか、お前が好きじゃない物をいっぱい売っててお前が演歌のプロモーション担当になるかもしれない。その時に仕事を出来ないだろ」と。すぐそこに好きなことがあるのに、演歌を任せられたら会社を辞めることになると言われたんです。

それからは、諦めて百貨店に就職して、そうするとものを売ることっていうのは趣味でもなんでもないので無難にこなしていくっていう。そこには丸30年間勤めていました。

大阪市職員への出向が独立をせざるを得ない状況を生み出した

—で30年経ってから起業という方向に進まれたということですね。

そうですそうです。

ちょうど30年目に猫のキャラクターグッズがヒットして、会社で働きながらやっててマスコミにも名前が出るしちょうどその時大阪市の職員で橋本市長だった時代で、大阪市職員の副業禁止とか言い出したりね。僕は民間から出向して大阪市の職員になってて、大阪市の職員名簿にも載っていたのでバレたら懲戒免職です。

もともと勤めている出向元の近鉄っていうのは奈良とかの田舎の人が多くて、家が個人事業とか会社をやっていて、そこの役員をやりつつ会社員をやってたって方も結構いらっしゃったんですね。そこはあまりやかましく二重就業とは言われなかったのでその時は良かったんですけど、有名になった時に大阪市にいたのが運のつきでしたね。

「社長ごっこ」で無駄な初期費用をかけるな

—結構最近起業ブームで、会社に行きながら独立してみたいなって人が結構いると思うんですけど、そういった方に向けてアドバイスをください。

会社にするからってオフィスに机を揃えたり、コピー機を置いたり設備投資をして無駄なお金を使っちゃうんだったら、独立までは副業をやりながら設備は買い揃えといて、会社になる時にフレッシュマネーっていうかね、新たに支出をしなくていいような準備をしときなさいというのはアドバイスしておきたいですね。

僕の友達が起業して、幾つかつぶれた会社を知ってるんですけどそのどれもが銀行から融資を受けるんですけどそしたら、すっごい無駄なことにお金使うのね。

社長机買ったりとかね、会社ごっこじゃないんだから別に自分のマンションの自分の机だけでいいかもしれないし、店舗構えるにしても最初からそんな一等地に出す必要もないしっていう。

商売の原則、入るを計って出るを制す

僕の好きな言葉に、「入るを計って出るを制す」ってのがあるんですね。

入るっていうのは入金ですね。計るっていうのは中長期的にものを見るとか、計画を立てるとかそういう意味です。

で、出るを制す。出て行くお金を抑えなさいって意味です。

これはもう商売の根本だと思うんですね。だからご利用は計画的にっていう言葉は的を射ている言葉で、あんまり難しい理論とか経済書とかは読まないんですけど商売って単純だけど難しいことだと思うんです。ちゃんと収入になるように商品設計したりとか、予測したりとか、仕掛けたりとか、だけど出て行く方はとにかく抑えろと。本来するべきところへの投資を抑えるっていうよりは制御する。ってことですね。

人を雇わないことがリスク回避につながる

—例えば抑えやすいお金っていうのはどんなお金なんですか?

例えば僕は事務所では裏紙を使ったりとか、チラシの裏でも使うとかですね。あと僕は人を雇っていないので都度、日雇いで雇うんですね。だから給料で社員の福利厚生とかも出ていかないし、アルバイトのその日の給料が出て行くだけです。

自己資金があると銀行は借りてくれ借りてくれと言ってくるけど借りたら無駄遣いしてしまうことがあるからなるべく自己資金でやる。僕の場合はスモールカンパニーというかスモールコストというか、規模を小さくすればランニングコストもかからないですからね。何か方向転換をしなければいけなくなった時にすごく方向転換がしやすいです。

まとめ49950

起業・独立の為に社長をゲストに呼んだ番組配信!

番組ではまた別の切り口でお話しております。良かったらコチラも見てください(`・ω・´)ゞ


bannerameburo24


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58

black24 note_banner blog_side01 banner_shop banner_rouki002


banner_shop

社畜る連載中




社畜ブログ

  1. i-tokyoguul

    2016.10.30

    東京喰種(グール)黒磐巌の名言で悩み解決代行

    色々な悩みを漫画の名言で解決を勝手に代行します!というコーナーです。本日の悩みはこちら。
  2. hirano0707ich

    2017.7.7

    動画編集が上手くなるコツ。初心者編

    どうもですなり~~。社畜だってヲタクしたい。深く広く欲深く、社畜ヲタクのバニキですなり~。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-saiyou blog_side06
web_side02
bc_baner
keiri_side01
ページ上部へ戻る