上司に怒られないようにする方法~怒られる社畜はより辛い~

上司に怒られないようにする方法~怒られる社畜はより辛い~

i-ogata

全国の社畜のみなさんこんばんわ。
社畜の緒方です。

og_EC

この話は特に何のとりえもない僕が実際に年収600万という夢を達成し、
似たような境遇の人にも勇気を与えようという気持ちで書いています。
きっと共感してくれる人は多いはず!

前回は沖縄出張に行き、幹部たちに混じって惨めな存在になりながらも今後の道を見出せたというブログでした。

社畜の気持ち~自分の無力さが悔しくてファラウェイ~

さて今回はここ最近僕が思っていることを書きたいと思います。

努力して頑張っても、絶対に怒られてしまう

08

タイトルの通り、これです。
僕は頑張って頑張ってやっても必ず怒られます。
怒られた後、改善したと思ってドヤ顔してたらやっぱり怒られます。

怒られた時に僕は思います。
「うるせえええええええ!なんで俺ばっかり!!!」
って思ってしまいます。

今でこそ思っていませんが、昔はこうも思っていました。

「俺が怒りやすいキャラだから見せしめで怒ってるだけ」

はい。グズですね。笑
僕は実際に怒りやすかったり、いろんなことを言いやすいタイプのキャラです。
そして新卒がいて、そいつらよりも出来ているはずなのに怒られるのは俺。
だから上記のことを考えていました。
(多少は見せしめ部分もあったにはあったと思っています)

でもこれって俺だけじゃなくて皆さん結構感じている人もいると思うのです。
怒られることに対して、「ムカつく」「なんで俺だけ」「あの人もできてないじゃん」など
人のせいにして自分を振り返らないタイプ。

これは年収600万目指して成長するのであれば本気で改めないと成長できないです。

なぜ怒られているのか、何が間違っていたのか

09

まず、自分が怒られたことを見直す必要があります。
僕の怒られる理由の大半は「できていない」からです。
当たり前です。やれと言われたことができていないんだから。

もちろん中には気分や理不尽で怒ってくる人もいると思います。
でも結果を出している人は絶対に意味のない怒り方はしないと思うのです。

・成長してほしいから怒る。
・会社の雰囲気的にしめたほうがいいから怒る。
・出来ていない部分を理解してほしいから怒る。

など理由は色々あると思いますが、何かしら意図があっての行動だと思います。

だから自分が怒られた時は、やっぱりムカつく!って気持ちも巻き起こってきますが、
「何がダメなのか。次どうしたらいいのか」って考えていくようにしています。

だって出来ないところを治して、次のステップに行かないと年収アップにつながらないんですからね・・・

実際に怒られた緒方の失敗例

営業でメールでお客様とやり取りしていた時のこと。
僕は今まできちんと営業というものを学んでいなかったことと、自分が結構お客様とフランクに話してしまうことから、
メールも話し口調のように送ってしまっていました。

そこで問題になったのは下記のようなメールです。

お世話になります。
セブンコードの緒方です。

サイトイメージ拝見させていただきました。
お見積もりですが、ご予算内での作成も、可能と言えば可能です。

先日提案させていただいた、初期1万円、月額2800円にメールフォーム設置管理費として
月額500円追加とページ追加となりますが、上記の予算でも可能ではあります。

トップの「●●●」の部分をシステムで組み込むのであればかなり金額はあがってしまいますが、そこを手動などの手段で対応していただけるのであれば問題はありません。

また弊社は24時間有人管理のサーバーで、自動返信可能フォームを使用していますので、そのあたりは問題ございません。

もし可能であればぜひ一度お電話などでお話できれば幸いです。
年末でお忙しい中ではございますが、何卒よろしくお願いします。

上記を送ったとき僕はなんなら結構ドヤ顔でした。
お客さんの質問に答え、見積もりを提示し、きっと喜んでくれるだろう、と。

その後社長が上記を見てスカイプを送ってきました。

「頭の悪さが目立ち、余計にわかりにくいメールを送ってるよね。」
、と。
「なんだろう、WEBに詳しくない人ってのが、文章からにじみ出てるよね」、と。

正直真正面から頭が悪いと言われたこと、「WEBに詳しくない人」と言われたことで僕の心は粉々に砕けました。
が、ここで砕けていても仕方ないので、セロテープで貼り付けながら返信しました。

「確かにそうです。勉強します。もうそんなこと思われないために」

僕は悲しみと怒りと、そして何よりもこんなことを言われてしまった自分に悔しくて悔しくてっていう気分でした。

その後の社長の返信は一言、「どこがダメだと思う?」

僕は思いました。それぐらいわかるよ、と。もうこれ以上怒られないように最上の選択をしてやる、と。

・ご予算内での作成も、可能と言えば可能です。
→ご予算内の制作が可能です。

・先日提案させていただいた、初期1万円、月額2800円にメールフォーム設置管理費として
月額500円追加とページ追加となりますが、上記の予算でも可能ではあります。
→初期費用:1万円
月額:3500円(2800円+フォーム設置500円)
・ページ追加:5000×2

・トップの「●●●」の部分をシステムで組み込むのであればかなり金額はあがってしまいますが、そこを手動などの手段で対応していただけるのであれば問題はありません。
→トップに予定されている「●●●」をシステムにすると高額になりますが、
予算のかからない方法もご提案できます。

・また弊社は24時間有人管理のサーバーで、自動返信可能フォームを使用していますので、そのあたりは問題ございません。
→サーバーに関しては24時間有人サーバーを使用しており、自動返信フォームなども設置可能です。

ぶっちゃけ上記を送ったときドヤァ…でした。
さっきの文章は確かにあほっぽかった。
それは間違ってた。でも、ちゃんと出来るんだぞ。文章かけるんだぞ。見てくれよ。

電話で話しているときみたいに聞いてくれている前提ではなく、説明して分かりやすい言葉に直したぞっと。

でも社長から帰ってきた返信はこうでした。

開発するか既存のシステムを利用するかで大きく予算がかわります。
ご希望の機能は既存のもので代用できるかと思います。
そのあたりの詳細をご確認させていただきたいので、お電話かWEB会議で一度お話させていただく事は可能でしょうか。
ご予算内に収まるように詳細なご提案をさせていただきます。
で、いけるじゃん。

マジで何回も読みました。
自分が書いた文章より圧倒的に短い内容だけど、
お客様が聞きたいことには出来る出来ないで応えている。
そしてそこで結論を出さずに次のやりとりにつなげれるようにしている。
予算内で可能ということも伝えて。

確かにこれで全部伝えています。
なんだかな・・・ドヤ顔してた自分が恥ずかしい。

自分はお客様に伝えたら喜んでもらえるだろう!って無駄な情報を詰め込みまくり、
一回を長文にしてしまい、まったく伝わらないメールになっていました。

結局一回で全てを伝えることは出来ないし、一回で成約になるなんてほとんどない。
お客様の要望に応え、興味をもってもらえるような文章を、理解できるようわかりやすく伝える、ということが出来ていませんでした。

「正直新卒レベルだよ・・・これ・・・」と言われ、乾いた笑いになってしまいました。

仲良くして下さっているお客様と電話で話す時のノリで新規の営業をしていた自分・・・
今思い出すだけでも恥ずかしい・・・・

次怒られないためにはどうするか考える

10

今日怒られたことを「なぜか」理解する。
その上で学んだことを次回に活かす。

上記の緒方が実際に怒られた件を例にとると、

・お客様が聞きたいことに、+無駄なことを伝えている。
・無駄な情報が多く、お客様に伝わらない。
・伝わらないから興味をもってもらえない。

上記が当てはまります。
逆に考えると

・お客様が聞きたいことにシンプルに答える
・文章もシンプルになるからお客様が理解しやすい。
・理解してくれた上で、「詳細を電話などで話したい」と伝えているため、次のステップの電話につながる。

今回やってしまったミスを改善すれば次はもっと良い提案ができます。
それをやったとしても新たなミスが出て、怒られる可能性もありますが、すべてなくなったとき、
きちんとしっかりした提案が出来るようになっているはずです。

それでも直らないあなたへ

直らないあなたへと書きましたが、自分に対しても言います。

もっと勉強しよう

01

自分の場合、営業でダメ出しされることが多い。しかもこれだけ言っても怒られてから改善している。

じゃあはなから勉強して怒られないようしようとナゼしないのか。
当たり前のこと、基礎を最初から学んでおけばいいじゃないか。

それをしないから成長しないのだ。
わかってる。わかってる。
圧倒的に勉強していない。稼ぎたいといいつつ向上しようとしていない。
そこなんだよ・・・

今このブログを書きながら心底、今の自分・今までの自分に嫌気がさしてきて涙が出そうです。
出来る人、稼いでいる人を妬み羨み。
かといって自分で勉強するわけでもなく。

本当に無駄に生きてきた。結果が出ないのも当然だ。

・・・・・・危ない危ない。危うく懺悔の時間になるところだった。

今回のまとめ

12aa

怒られたことを見直し、改善して次に活かす。
そもそも怒られる前に勉強しておこう。

ものすごく当たり前のことを書いています。
ほんとに社会人が書いているの?って自分でも思いますが、自分のことを見つめれば見つめる程、至らぬ部分が出てきます。

本当に基礎をきっちりやる。
当たり前のことを当たり前にやる。

何事もこういうことが近道なのかもしれません。


cc_kakuyasu_banner
keiri_kakuyasu_banner


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58
The following two tabs change content below.
緒方勇祐

緒方勇祐

社畜の緒方。 年収600万円目指すために日々奮闘中。 管理者になる道は険しい・・・やるんだ緒方!




社畜る連載中




社畜ブログ

  1. 1127-2

    2015.11.27

    香港からやって来た社畜! ラを勝手に自己紹介代行!

    本日ご紹介させていただくラ・ガイシュンの結婚式のためにハワイに来ております。濱野です。
  2. 1115-2

    2015.11.29

    電話代行スタッフ 赤嶺を勝手に自己紹介代行!

    こんにちは。沖縄支社の當銘です。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
keiri_side01
bc_baner
web_side02
ページ上部へ戻る