何をしたらいいかわからない人が考えをまとめる方法

何をしたらいいかわからない人が考えをまとめる方法

i-ogata1014

社畜る~? 逝く逝く♪ \(TдT)/

どうも緒方DEATH!

ここ最近、啓斗(息子)のおかげで癒されています。
夜泣きや、朝早くからの抱っこしろ攻撃などで、睡眠がうまく取れていませんが
かわいいので許せます。

ogata061305

さて前回は「仕事で結果を出す人間になるために、今考えるべきこと」という記事を書きましたが、
めちゃくちゃ悩んでいます。

子供ができて生活が変わっていく中で、オレがしたいことってなんだろう。
どんな働き方がしたくて、どんな仕事がしたいのか。
何をレベルアップさせて、何を変えるのか。
ぐーるぐるぐるぐる。

先日、月報MTGの時に社長からも言われましたが、

「どんな自分が好きか」
「どんな自分が嫌いか」

考えがまとまらず、やりたいことが見えてこないなら、まずは上の二つを出してみたらいいんじゃないかと言われました。
確かになりたい自分と、なりたくない自分が明確であればそこを目指せばいいだけの話。

今回は「なりたくない自分」を考えてみました。

※緒方の悩みなんてどうでもいいんじゃい!とかはなしでお願いします。
緒方の成長記も兼ねているので、これでいいのだ。
みんなも悩んだらやってみるのだ。

それでは行ってみましょう!!

無能な40代

ogata071203

「40歳になるまで成果を求められてこなかったオジサンの話」

こんな記事を見つけました。
安定した会社で普通に仕事をして、競争してこなかった人の末路。
言うなれば動物園で暮らしてるライオンでしょうか。

毎日掃除してくれて、餌も貰える。
もう野生に帰ることは絶対できないライオン。
逆に野生で生活しているライオンは、自分で狩りをする。
生きるために動かなければ食べることもできない。

もちろん、ずっとその動物園が潰れない保証があるのならいいかもしれませんが、
定年まで35年?ずっと同じ企業に居続けることが出来るのか。
おそらく難しいと思います。

「今が安定しているからそれでいい」かもしれないけど、
やっぱ40になって野生にいきなり放り出されたらマジで仕事がないと思う。

もしもの時にどこも拾ってくれない人間にはなりたくない。

電車で死体のようにうつむいてるサラリーマン

ogata071201

電車に乗ってるときによく見る死んだような目のサラリーマン。
仕事がマジで楽しくないのだろうか。
もしくは今から帰る家でハブにされているのだろうか。

人生に楽しみがなさそうな人。
他人から見て死んでるな・・・と思われるような人間にはなりたくない。

お金に四苦八苦する生活

ogata0712

ローンが・・・保険代が・・・貯蓄が・・・

結婚してから今まで特になんにも考えていなかったことがのしかかってきました。
生命保険。子供のための学費。貯金。
家族を養うってことは改めて色んなことをやっていかなくてはいけないこと。

最近テレビで「貧乏」だった時代を売りにする番組をやってたりしますが、
やっぱりそんな生活したくない。
別にタワーマンションに住んだり高級車に乗ったりしたいわけじゃない。
普通に家でご飯が食べれて、たまに欲しい服を買って、子供が健康に生活できるだけのお金があればいい。

現状だとそのお金もギリギリ。
お金に困ってカツカツの人生にはなりたくない。

東京で消耗する生活

ogata071204

東京での生活はぶっちゃけそんなに嫌いではない。
なんでも揃ってるし、イベントなんかもやっぱり東京が一番ある。
どこに行っても大きい町だ。

だけどやっぱり生活するには高すぎる。
大阪の地元だと、東京に住んでた生活費があればすでに家買うことも出来るレベル。
物価が違いすぎる。

やはり大阪で生活するようにしたい。

独立することにはあまり興味がない。

ogata061305

東京に最初に出てきた理由は、会社勤めしたくなかったから自分たちでやってみようと思って出てきた。
うまく行かず、色々学ぶために就職した。
就職して、セブンコードに入って、いろんなことを経験していくうちに
独立の厳しさが見えた。
多分自分の性格的に独立なんてしてしまったら仕事にならない。
もしかしたら生活がかかることで躍起になるパターンもあるけど、恐らくダメになる。

起業してる人のことは尊敬出来るなと思う。
僕には独立して仕事をするという考えはない。

まとめ:なりたくない自分にならない方向が見える。

だいたい上記がなりたくない自分、やりたくないことだと思う。
こうやってまとめてみると、少し見える気がする。

生活が安定するぐらいのお金を稼ぎ、大阪に住んでいる。
家族との時間を大切にする。
独立ではなく、会社に勤める。

これだとしたらブラック企業の社畜としてどうなんだろう?
っていう考えがどうしても頭をよぎってしまう。

もし同じように環境が変わって、自分がどうしたらいいのかわからない人は
自分の考える、嫌な自分と好きな自分を考えてみるといいかもしれません。

まぁでも毎日社長に言われていますが、

やると言ったことをやる。

まずこの当たり前の原点だけは守らないとグズな40代になることは間違いないわ。


number_banner
banner_footer_melmaga


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58
The following two tabs change content below.
緒方勇祐

緒方勇祐

社畜の緒方。 年収600万円目指すために日々奮闘中。 管理者になる道は険しい・・・やるんだ緒方!




社畜る連載中




社畜ブログ

  1. 淵脇さん

    2015.11.13

    電話代行スタッフ 淵脇を勝手に自己紹介代行!

    こんにちわ。こなんです。
  2. i-fukyo

    2015.11.5

    不況!ブラック企業の月次決算を公開!

    社畜るは「大人の教育番組」を目指しています。

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
web_side02
bc_baner
keiri_side01
ページ上部へ戻る