細かいことが苦手なだけだと思っていたらADHDだと診断された件

どうもー!ADHDの緒方です!

いや、わろてる場合ちゃうねん。

先日の記事、読んでいただけましたでしょうか。

【売上公開】能力がない人間が社会でうまく生きるたった一つの方法 2019年4月の収支!

この記事を公開することで、すこーしだけ賛否両論あるなぁって感じました。

特に、僕のことを想ってくれる人たちは、
「いや、緒方は大丈夫だよ。」
「きっとADHDとかじゃないよ。」
「病院なんて行かなくていい。」

なんて声をかけてもらいました。
本当に優しい人に恵まれてるなぁと。

せっかくそういうふうに言っていただきましたが。。。
行ってきました。
精神科。笑

まさか自分が精神科に行くことになるとはね。
どうしてもさ、精神科とか、発達障害って悪いイメージが付きまとうのよ。
僕自身やだもん。

嫌だけどさ、もし本当に発達障害ならある意味、自分を知ることにもなるよね。
そんな感じで行ってきました。

はじめての精神科

病院につくと、なんていうの?ヨーロッパ調みたいな落ち着いた雰囲気で、予約制なので基本俺以外いませんでした。

最初に問診票を書くんだけど、よくネットで見るような自己判断シートがあったのね。

■困難な仕事を乗り越えたと思ったら抜けがある
めっちゃある。。。

■困難な仕事や、面倒な仕事は後回しにする。
めっちゃある。。。

■約束事を忘れることがある。
めっちゃある。。。

みたいな感じで、10問中6問ぐらい当てはまったのね。笑

それ提出して、いよいよ診察室に呼ばれます。
精神科は病院だけど、病院みたいな設備は特になく、院長の部屋って感じでした。

院長はとても優しそうにゆったりとした口調でいいました。

先生
どぉうぞぉ・・・おかけくださぁい・・・

いや、戦場カメラマンかな?ってぐらいゆっくりしゃべる。
ほんでバリタバコくさい。
なんやこの先生。。。って思いながら色々と質問されました。

先生
緒方さんはぁ・・・
先生
子供のころぉ・・・
先生
よくぅ・・・忘れ物などぉ・・・していましたか?
社畜の緒方
あ~そう言われればそうですね・・・結構多かった気がします。
先生
なるほどぉ・・・
先生
・・・・・・・・・・・・・
先生
ADHDですねぇ・・・
社畜の緒方
そうですか・・・
社畜の緒方
え!?

うそやぁーん!!
これで決定なん!?
ほぼ自己診断と子供のころの話しただけやで!?

って感じです。
マジでさ、誰でもなれるやん。
こんなん。すごいね。精神科。

全部が全部そうじゃないんだろうけど、こんな感じで量産できるのか。
そりゃあ三分の一がADHDって言われるよ。

俺もなろかな。精神科の先生。余裕でできるわ。
まぁそんな感じでね、雑な気もするけどADHDと診断されてしまいました。

ADHDとは?

ADHDっていうのは3種類に分かれます。

注意欠陥障害
→物忘れ、覚えれない。ケアレスミス。

多動性障害
→落ち着きがない

衝動性障害
→他人の話を聞けない。自分の言いたいことをタイミング関係なく話すなど

こんな感じの3つの症状を言います。
僕は完全に注意欠陥障害ですね。

ケアレスミスしかない。
ケアレスミスなく進んだことがない。

まぁ・・・うん。

でも完全に社長は衝動性障害やけどなっ!!!!
絶対にそうやと思うけどなっ!!
あとピーターパン症候群。笑

まぁ社長の話はおいといて・・・

僕は注意欠陥障害なわけです。
なんでこんなことが起きるのかというと、

「選択的ノルアドレナリン」っていう物質が生まれつき少ないそうです。

これは脳の中のノルアドレナリンが少ない
→神経伝達物質が少ないということになうです。

要するに、脳が命令を出す回数が他人よりも少ないと。

そもそも脳が命令できないんだからいろんな不注意が起きるよね。
病気だね。って感じ。

マジかよ絶対にうそだよ、って思いつつもまぁ納得できる。

とりあえず俺の脳みそ調べてから出直してくれる?って思う気持ちもあるけどな。
CTやらなんやら取って、俺の細胞を調べてくれよ。

自己申告で俺の脳内判断してんじゃーねーぞって気持ちはあるね。

ADHDって診断されたらどうしたらいいのか?

ADHDは、障害者手帳をもらえるレベルではないそうです。
ただ、発達障害の人間を雇った企業には助成金が出るそうなので、とりあえず入社日まで遡って申請したろかなって思ってます。
相当な額もらえるぞ。
ボーナス国からもらったんねん。

でね、この病気って薬で治るんだって。
治るって確約はできないけど、大多数が効果を実感できる薬が有るらしい。

というのも、さっきのノルアドレナリンっていう脳内成分を増やしてくれる薬らしいのね。

その成分が増えるイコール、命令を出す回数が多くなると。
だから忘れることが少なくなりますよってことらしい。

そうとわかれば飲むしかないでしょ。
ちょっと期待できるよね。

ただね、問題は1錠500円もするってこと。
バカなの?高すぎない?

そら誰彼構わず発達障害認定して、薬バカスカ出したら儲かるわなぁ!えぇ!?精神科医さんよぉ!笑

まぁ患者は3割負担なので1錠150円なわけですが、それでも一ヶ月分で4500円。
診察室の費用も考えたらまぁ出せへんわ!ってことで諦めました笑

自立支援医療制度ってのがあって、それを申請したら一割負担になるんだと。
なので、とりあえずそれを住んでる地域の市役所で申請して、そのあと薬もらおうかなと思います。

なんだかなぁ。
結構あっさり診断されたけど。。ほんまなんか?
ほんまにノルアドレナリンなるものが少ないんか?俺は。

なんも脳みそ調べてないんやぞ?え?おい。

次回の進展は7月中旬

というわけでですね、今回無事に診断されたわけなんですが、
次回は7月の中旬に再度病院に行ってまいります。

今回大阪に帰ったときに役所で手続きしていきますからね。
そしてこっちで再度手続きよ。

薬をいよいよもらったら、どうなるかみものですよ。

結構ね、哀れんだり、馬鹿にしたり、腫れ物扱いしたり、ってなると思うのよ。
発達障害って。
でもさ、進捗報告できたらおもしろいよね。
薬が効いたらめっちゃおもろいで。

俺自信は自分をネタにしてるだけで、他の同じ症状の人をバカにしたりしてるつもりないからな!
同じような悩み持ってる人がいたら、救いになればなってのは思ってる!!

とりあえずまた進捗の記事を書くよ。
お楽しみに!!!


keiri_kakuyasu_banner
telmini cc58
The following two tabs change content below.
緒方勇祐

緒方勇祐

社畜の緒方。ナマステとも呼ばれます。 お金は稼ぎたいけど働きたくありません。管理者になりたかったけどなれませんでした。本能の赴くままに好きなことしか出来ません。ちょっとだけ人生に絶望しています。だけど楽しく生きています。本当は楽しく生きるだけじゃだめなの知ってます。でも楽しく生きてます。