偏屈・頑固社長?!と社員にレッテルを張られるブラック企業社長の反撃

偏屈・頑固社長?!と社員にレッテルを張られるブラック企業社長の反撃

1130i

皆さんこんにちは。

最近めっきり寒くなりましたね!!!
私はなんと1年半振りに風邪を引いてしまいました・・・!
熱は怖くて計ってないのですが、感覚的に大丈夫だと踏んでいます。
なんてったってセブンコードでは体調不良で休むと給料を2万円ひかれちゃうんです。
生活のことを考えると怖くて休めない・・・。
と言いながら今謎に11連勤中です。普通に休みたい。

どうも!セブンコードのアイドル、かれちゃんです。
奥に映るのはLIGのべべさんです。
1130-1

月曜日は東京・沖縄の社員から上がってきた
クレームを私が引き受けて解決していきます★★

先週の記事(ブラック企業社長の長~いクレーム前編)はこちらから★

ブラック企業の社長、反論する

1121-5

いぇ~い 返信待ってたよ~

でねでね。

意見を聞く前にもうすでに結論を持っているので・・・ 

これってさ。そりゃ~そうじゃん?色々調べた上から提案してるのさ。そこに見落としとか自分の調べた情報が足りてないか聞いてるのよ。

この点を分かっている社員が『口数が少なくなる』か『賛成の意見だけを言う』の2種類に進化しています。

これもさ。裏を返せば、俺に何をいっても変わらない偏屈頑固社長だって聞こえるじゃん。 
意見を言えば全て内容が変わるって勘違いしてるんじゃないのかなぁ。大事なのは答え合わせと細かい微調整からの精度向上なんだよね。
やりたいって言ったことには任せてきたし。意見も取り入れてきたつもりなんだけど、俺のつもりなんかなぁ。
それとも俺はやっぱり偏屈頑固なの??どうなん?ね?どうなん?
俺を勇気づけるセーラームーンとプリキュアを兼ね備えたような回答を待ってます!
では、グッド、ブラック!!

社員への不満!解決します★★

1130-2
セブンコードの社員は誰も社長のこと偏屈頑固だと思ってはいないと思います。
意見も話せば分かってくださることは多いし・・・。

ということで、以降は平常心を保って聞いてくださいね!

意見を聞く前に結論を持ってるのは社長としてすごく当然のことだと思います。
それは全く問題無いです・・・。
まず、問題は「意見の求め方」にあります。
本当にざ~っくりいうと

社長「イタリアンが食べたいんだけど、どうしようかな?」
社員「パスタだとミートソースが定番だしいいと思います!」
社長「え?何の話してるの?俺が言ってるのはピザだよ。なんでパスタが出てくるの?」

ってのがセブンコードの日常です。
もう、こんなの双方にとってストレスでしかありません。
社長からすると、やけに理解力が低い社員と会話してる気になります。
社員からすると、イタリアンという枠に沿って話を展開したので、怒られる理由がわかりません。
社長は元々ピザの話をしたいのに、そこを社員が理解せず(伝えきれてない、伝わってない)
会話が展開されています。
では、どうすればいいのか、考えてみます。

パターン1~社員からの詳細確認

社長「イタリアンが食べたいんだけど、どうしようかな?」
社員「イタリアンと言っても色々ありますよね。具体的にどういうことですか?」
社長「今回はピザがいいと思うんだよね。ピザにもいろいろ種類があるよね。何がいいかな?」
社員「マルゲリータがいいと思います。」

パターン2~社長からの詳細提示

社長「イタリアンが食べたいんだよね。そうだな、ピザがいいな」
社員「ピザですね。マルゲリータがいいと思います!」

スムーズにマルゲリータ出てきましたね。
いい感じです。
まずはなんの話をするのか、意見を求める際に要件定義が重要だということがわかりました。
ここで、当初の問題だった「社長が既に結論を持っていた場合」について言及します。
セブンコード流でいくと

社長「イタリアンが食べたいんだけど、どうしようかな?」
社員「イタリアンと言っても色々ありますよね。具体的にどういうことですか?」
社長「今回はピザがいいと思うんだよね。ピザにもいろいろ種類があるよね。何がいいかな?」
社員「マルゲリータがいいと思います」
社長「え、マルゲリータ?なんでシーフードピザじゃないの?」
社員「(もう決まってるのに、なんで聞いたんだろう・・・)」

こうなります。

では、社長が既に意見を持っていた場合どうすればいいのか。
社員は諸事情が有りどうしてもマルゲリータを食べたいので、社長をなんとか説得したい。
という前提条件で考えてみます。

社長「今日はシーフードピザを食べようと思うんだけど、他になにか意見ある?」
社員「シーフードピザいいですね。でも、確か今日は魚介アレルギーの方がいます。マルゲリータだとみんな食べられます」
社長「じゃあマルゲリータにしようか。」

うん。素敵。
こんな話し合いができれば社長が当初言ってたことが解決できますね!
アレルギーという大切な情報を見落としていたことにも気づけます。

社員も求められた内容を正しく理解することも重要ですが。
社長もきちんと結論有りきだということを前提として伝えることも大切かなあ・・・と思いました★

1130-3

このブログを見ている社員のお悩み!!!!
かれちゃんが華麗に★解決します(・∀・)
またね(/・ω・)/

最後に・・・やっぱりブラック企業社長のクレーム前編気になっちゃう方は


cc_kakuyasu_banner
banner_footer_melmaga


社畜"いいねいいね"しよう


telmini cc58 cc58
The following two tabs change content below.
山本 かれら

山本 かれら

愛媛県松山市でのんびり育った見た目ふんわり女子。 地図と電車と音楽をこよなく愛しています。 誰がなんと言おうとセブンコードのアイドルです★




社畜る連載中




社畜ブログ

  1. i-kakko

    2016.2.18

    【カッコウ採用】私、新卒を教育する事を辞めました。

    はひふへほ~ バイキンマンを崇拝するブラック企業社長の濱野です。
  2. dd

    2016.6.10

    ブラック企業24時パンフレット制作してみた【57日目】

    はい!!社畜アイドルのみちゃきです!(๑˃̵ᴗ˂̵)و 57日目!!只今アメーバフレッシ...

本業はこちらです




社畜る告知PR!

blog_side04 blog_side05 side-black blog_side06
web_side02
keiri_side01
bc_baner
ページ上部へ戻る