電話の言葉遣いで気をつけていること

はいたい!
インターコードふち子です。

今年の冬は暖かい日が結構多い気がします。
この記事を書いているのは3月の上旬ですが、日中は暑いと感じる為
熱中症にならないように「水分の補給」を心がけているふちこです。

先月の新聞記事でHKT48の「さしこさん」が
今年できるSTU48の劇場支配人を兼任することになったと報じられておりました。
同じ時期、イギリスでは女性初の警視総監が決まったそうです。
私も何か、10年以内に人から賞賛されるに値する何かを成し遂げたいと思いました。
その何かが決ったら、又報告します!笑(いつになるかな~)

fuchiwaki20161221-1

そういえば3月になり沖縄で、
第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントが行われました。
「とくダネ!」の小倉さんが、ダイキンのトーナメントが開催されると春を感じるとおっしゃっておりました。

決勝が始まる土曜日は、私が行くゴルフのショートコースは空いており、2周も快適にまわることができました!
1月にゴルフコンペで良い成績を残すことができたせいか、その後スコアもフォームもどんどん崩れていきました。
できない人にも「スランプ」はあるんだなあと感じた次第です。
しかし・・・
突然、プロになるわけでない。
楽しく運動することができれば良いのだから
スイングとかスコアにこだわらず、楽しむことが大切ではないかなと思いなおしました。

すると、ゴルフのスコアも改善され、飛距離も伸びるようになりました。

ボールが「あちこち」に飛んでスコアが乱れることもありますが、
それでも、「仕方ないまだまだ初心者」と何か吹っ切れたような気がします。
もしかしたら、広瀬さんが飼っているペットのヘビのように脱皮したのかも。笑

「一皮むける」といいたいがそこまでではない。笑
気持ちのもちようですね。

これは仕事でも言えるのではないでしょうか?

つまらなく仕事するよりは、楽しく仕事した方が良いですよね!
社長の濱野がいつも言っていたような気がします。

電話代行スタッフが電話中に気をつけている言葉遣い

fuchiwaki0127-1
さて、3月のお題は、電話の言葉遣いで気をつけていることです。

インターコードの13の心構えの中に
お客様対応の際は丁寧な言葉使いを心掛けています。
という項目があります。

言葉遣いで気をつけることは、言葉を使うときの気持ちの表現を大切にしています。
丁寧な言葉でも、ちゃんとした敬語を使っても、
そこに心のこもった表現でなければ、相手に不快な印象を与えてしまうからです。

日常生活においても
優しく声をかける場面があったり、元気良く声をかける場面があったりすることを考えると
電話ではなおさら、相手の立場にたって対応しないとお客様の気分を害してしまいます。

先ほど気持ちの表現を大切にするとお伝えしましたが、もっとも基本的なこと
相手の声を聞きしっかりと理解することが必要になるかと思います。

【傾聴】つまり相手の話を積極的に聞くことが一番大事なことだと思います。

言葉遣いに気をつける前に、気持ちが大切!ですね。

電話代行についての記事を何度も書いていますが、電話の対応って社会人としての基礎だなと感じます。
どの会社でも使える武器になりますね!

そんな大切な基礎を学べる電話代行業務!
どうやらスタッフ募集しているらしい!
(私がやさしく教えるので)御待ちしております。笑笑笑
かわいいふりしてあの子 ・・・あみん「まつわ」より


社畜るって何?
telmini cc58