<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KRK26M" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

【売上公開】遂に動画編集を覚えるの巻!モーションコミック完成! 2021年1月の収支!

社畜る~? 逝く逝く♪ \(TдT)/
どうも緒方DEATH!

前回の記事は
【売上公開】2021年あけましておめでとう!! 2020年12月の収支!
2021年あけましておめでとう!と見せかけてジョジョのフィギュアを自慢するだけの記事でしたね。
はい、というわけであっという間に、もう2月も終わりです。
2月ってなんかやったっけな。。。?っていうぐらいに何もない。
ほんまに何かあった?笑
ほんとにね、ずっと自宅でリモート勤務だから変わったことがないのよ。
強いて言えば家族でいちご狩りに行ったことなんだけど、「いちご狩り」に行った記事とか。。。いらんよな。笑

あーいい写真!!かわいい!!!我が子たち!!!
なのでプライベートは諦めて仕事のことでも書こうかね。笑
そもそも、会社のブログなんやから、仕事のこと書けよな。
私、セブンコードに入社して10年を超えました。
この10年間、YouTubeに挑戦したり、動画配信したりと、何かと動画コンテンツに関わってきました。
なので、動画編集には何度も触れる機会があったんですが、都度都度、何かしら理由をつけて逃げてきました。
そう、毎日いろんな仕事あるし、新しいことを勉強なんて本当にイヤだったのです。
会社員にあるまじき発言ですが、本当に業務時間外に、勉強なんてしたくない。
エンジニアを見てると、なんで家帰ってから勉強できるの?と心底不思議です。
そういうことが出来る人が伸びるってのはわかるんだけどね。。。
と、まぁそんなこんなの言い訳をしながら逃げ続けて来ましたが、ついに逃げ切れなくなりました。
セブンコードの浜野社長がYou Tubeを開始するということになったのです。
その編集を依頼されました。

マジで口がうまい男、セブンコードのハマノーン社長

ほんとうちの社長は口がうまい。
すごいなって関心する。
例えば、今回のように僕に動画編集をやらせたい場合、決してトップダウンで来ないんですよね。
「動画コンテンツは、愛のある人間が編集しないと決しておもしろくならない。」
だから緒方くんみたいな男がやってくれるのが一番いいんだ。
みたいな言い方をするんですよ。笑
ずるいよね。悪い気しないもん。
それでも渋る俺に対して、「今回は編集費用を出せるよ」と。
「今まではコンテンツにお金をかけれなかったけど、緒方くんが頑張ってくれたのが実ったよ。やっとお金も出せるようになった」
こう言うわけですね。
またまた悪い気はしないわけですよ。
でね、最終的に「緒方くんはやるの?やらないの?」って言うわけです。
あくまでも決断したのは緒方という方程式を崩さないわけですよ。
もうヤクザよ。ハマノーン。ほんと悪魔だわ。

そんなこんなの経緯がありまして、ついに動画編集をすることになりました。

緒方の動画編集処女作「未経験エンジニアがセブンコードに入社した話」


まず、手始めに動画編集をしました。
流行りのモーションコミックというやつですね。
やってみてわかったのは基礎がわかればそんなに難しいことではないということ。
そして間の感覚や、音楽などの引き出しが少ないときつい。
やりたいイメージが反映できない。
これやり始めたら無限に気になるところ出てくるな。。。
やってみたら結構おもしろかった。
時間がアレば無限にやりたくなるね!!
ということで、私緒方の動画編集処女作。
ぜひ見てください!

2021年1月の結果!

ということでここからはちゃんと数字のお話。
2021年一発目はどんな結果だったか!!

すばらしい!!
無事プラス収支でした。
なんといっても1月は我がWEB事業部もちゃんと黒字でした。
BSのほうは・・・

相変わらず数字がでかい!!
僕の記憶では3000万円~4000万円のラインを漂ってた記憶なので、急に1億に届きそうな勢いになったことでいつも圧倒される。
でもさ、8000万円ってすごいよな。笑
会社ってすげぇわ。

関連記事

TOP