【売上公開】相手のことを詳しく知っていれば無駄な怒りは消えさる説 2019年7月の収支!

社畜る~? 逝く逝く♪ \(TдT)/

どうも緒方DEATH!

先月の売上公開記事はこちら
【売上公開】失敗した時のたった一つの解決法。「潔さ」 2019年6月の収支!

もう9月ですよ・・・知ってます?あと3ヶ月で今年終わりですよ・・・
みなさん夏休みはいかがお過ごしでしたか?

僕は今年はとても穏やかな夏休みを過ごしました。

さてそんな夏休みからうってかわりまして、東京ではなかなかの大事件が起こっております。
そう、社畜ハウスとして約二年間慣れ親しんだ、新大久保から代々木へ引っ越すことになりました。

ことの始まりは、木下さん。
以前入社した木下さんですが、実はシェアハウスに住んでおります。

木下さん入社の経緯はこちらから!
セブンコードに入社(クリーンマン⇨副業ぴー)/
年収600万円までの道 Part1

代々木のシェアハウスに住んでいるのですが、そこのシェアハウスオーナーが、撤退するということになりました。

代々木の住人は退去するか、新たなオーナーを探して継続するかの二択となるのです。

そこで木下さんは自社の社長である、ブラック企業濱野社長に依頼。

大久保と代々木の二箇所を運営する余力はないので、大久保の住人ごと、代々木に引っ越そうということで話が決まりました。  

かなり急な出来事でしたが、ここはナマステこと緒方の出番。

体動かす時ならだいたい動ける俺の出番です。

引越し当日、衝撃の出来事が

引越し当日、僕はレンタカーを借りてせっせと運び出ししていました。

その日は運悪く会議があったため、社長や木下さんは打ち合わせ。
そんななか運び出しを進めていました。

途中から会議が終わった木下さんも合流し、一緒に運び出し。
四回ぐらい往復し、あらかた大きな荷物を運び終わりました。

夜も22時ごろになっており、僕はラストスパート!と思い車を走らせます。

すると木下さんからラインが。

「緊急事態発生」

の文字が。

速攻で木下さんに電話をします。

社畜の緒方
木下さん!どうしたんですか!?
先生
結論から言うと。。。住めません。
社畜の緒方
はい!?
先生
荷物を運ぶのもダメです
社畜の緒方
え!?!?
先生
まだ詳細は確認中なんですが、まだ契約書を結んでいないみたいで。。。さすがに契約してない状態で住んだり引越したりはできないです。。。
社畜の緒方
確かに。。。
先生
とりあえず現状確認してから社長に確認しますので、一旦ストップでお願いします。
社畜の緒方
かしこまりました!

というような、やりとりをして、一旦待機することに。
もし、もう一度荷物を戻すとなると地獄にもほどがある。。。

現状把握・・・そして謝罪会見へ・・・

荷物に関してはとりあえず運んだものに関してはオッケーをもらえましたので、そのまま置かせてもらっています。

ですが、やはりまだ引越しして入居はできない。そりゃそうですよね。。
契約してないから笑

普通に家借りる時も、契約してないのに住み始めたら意味わからないですもんねwww

なので移動するつもりだった大久保の住人はそれぞれが静かな怒りを抱えていました。
まぁ引越しのつもりで予定組んでたのが崩壊するし、仕方ないです。

そしてもちろん怒りの矛先は契約書を結んでいないという失態を侵してしまった社長。

運が悪いことに、引越し当日、会議やらパートナーからの相談だとかで、一切引っ越しを手伝えなかったのです。
住人が必死に頑張っている中、仕事とはいえ、社内で談笑していたことも印象が悪かったのです。

「なぜ住人が頑張って引っ越し作業をしているのに、この人は談笑しているのだ・・・・?」と。
いろんな不運が重なり、住人たちは社長への怒りを溜め込んでいきます。

さらにいえば、大久保の社畜ハウスは9月5日に解約が決定しています。

代々木のハウスは8月末でオーナーは辞めます。
ようするにあと一週間でキレイに契約書をまとめないと、大久保も代々木も全員が住所不定になってしまうという地獄が訪れるのです。

そうなってしまう懸念もあり、みんなそれぞれが不安と怒りに駆られていました。

最終的に、住人たちに普通に怒られる社長。笑

「ちょっとそのへんの対応は改めたほうがいいと思います」
って言われるぐらい怒られておりました。

僕も社員ですので、いわば怒られる側の人間。
なんともいたたまれない空気になってしまいました・・・

ですが、そこは社長も素直に、シンプルに謝っておりました。
「悪かった」と。「別の形で償う」と。

まぁ過ぎてしまったことは仕方がない。
場も収まりましたので、とりあえずは
前をむいて、次にどういう段取りで進めるかを決めなくてはいけません。

まずは契約書!今回はきちんと結んでください!

※追記
このあと最速で手続きを行い、無事に契約書を結ぶことができました。

オレが契約書を忘れてた風になってるけど、契約書の作成が遅れてただけだから、その中での確認不足で起こったわけ事件であって忘れてたわけじゃないから、そこんところよろしく。まあ、オレが全面的に悪いだけど。。。

俺が怒らないことの不思議。

ここでふと考えたことなんですが、僕は正直この件に関してなんの怒りも覚えなかったのです。

「笑 社長やっちゃいましたねw とりあえず契約書進めてくださいよ」

ぐらいのアッサリした感情しかありませんでした。

なんでしょう。
こういうとき逆に笑っちゃう。

しゃーないやん。

って思ってしまう。

ですが住人も木下さんも不安に包まれている。
「あ、こっちが普通の感情なんや」って思いました。。。
なんでそんな怒ったり不安なったりしてるんやろ。。。みたいな。

で、社長も多分同じタイプで、だからこそ「人の気持ちがわからない」みたいなレッテルを貼られるわけなんですが・・・

僕は社長とは違うなぁって思っているのです。

というのも、僕はこの会社に9年ぐらいいますので、社長のことを理解しすぎているだけなんだと思っています。

社長がノリに載っている時に凡ミスしても、なんにも不思議じゃない、というか。
社長がみんなが引っ越ししているときに一切手伝わなくても、なんにも不思議じゃない、
っていうのが本音。

それは多分、社長のことを理解しすぎているんだと思うのです。
こういう事態は当然起こりうるものと考えているから、なんにも怒りがわかないんだと思います。

多分、別の人が原因だったりすると、僕の感情もまた違ってたんだろうなぁと。

何が言いたいかと言うと、僕自身は社長のことめちゃくちゃ理解してるけど、
他の人はそうではないということ。

逆も同じですね。
僕のことを知らない人は、僕にイラつく可能性が高い。

なので、それぞれのトリセツを作ろうという話になりました。

「こういう人間なので予めご理解ください」っていう説明書ですね。
いずれ記事書きます!

社長はよく、俺のことを言います。
「こいつは物忘れが激しく、ADHDという病もあり、知能指数が53だ」と。

今回社畜ハウス引っ越しでの大失態を目の前で見ましたからね。
この恨み晴らさでおくべきか。

社長の取扱説明書、お楽しみに!!!

2019年7月の数字

先月より売上は良かったのですが・・・
出費が圧倒的に多いですね・・・
税金や突発的な支払いが60万ほどありましたが、それでもマイナス。
経費を下げるってのはなかなか絞っているので、やっぱり売上が圧倒的に足りない。
僕の売上だ。

売上がマイナスなので、キチンと資産も下がっている・・・
もうすぐ3000万切っちゃうよ・・・
しかも気づいたのですが、手元現金比率がついに100%切ってしまった。

マジでおもしろい事業はたくさん進んでいるのに、足元がゆるゆるだと会社ごと沈んでしまうので、
ここは油断せずにこなさないと。

と、いうわけで今月はここまで。
次回は濱野解体新書を書くのでお楽しみに~~~!!


telmini cc58
The following two tabs change content below.
緒方勇祐

緒方勇祐

社畜の緒方。ナマステとも呼ばれます。 お金は稼ぎたいけど働きたくありません。管理者になりたかったけどなれませんでした。本能の赴くままに好きなことしか出来ません。ちょっとだけ人生に絶望しています。だけど楽しく生きています。本当は楽しく生きるだけじゃだめなの知ってます。でも楽しく生きてます。