新婚旅行休みがもらえる会社です。~社畜が年収600万になるまで~

はいみなさんこんにちわ。
飛べない社畜第3話になります。

実は何を隠そう僕は今飛行機のなかでこの記事を書いています。

そう、ハワイに新婚旅行に行くのです!
というわけでホノルル行きの飛行機の中から記事を書きます。

03

今からワクワクドキドキ最高のハワイ旅行だというのにもかかわらず、
高まるテンションを抑えながら必死に仕事のブログを書きます。

本当、心底自分は社畜なんだなって感じます。

☓ 飛行機の時間7時間→暇つぶしをする→もったいない
◯ 飛行機の時間7時間→ブログを書く→最高に一石二鳥

もうこの思考回路は完全に社長やん・・・笑

というわけで今週の緒方を振り返ってみたいと思います。

飛べない社畜 ~今週の反省する話~

今週はそうですね。
自分の中の密かな反省です。

05

先々週ぐらいにやっとオープンした社畜るですが、リリースして記事もたくさん読んでいただいて
とりあえずは一安心。
ですが、本番はこれからです。
しっかり運営して、SEOをかけて広告をかけて、しっかり売上まで持って行ってこそです。
ですが、マジで自分の悪い癖なのですが、運営が入ってないんです。
自分の頭のなかに。
何を言ってるのかわからないと思いますが、サイト完成と同時に、僕の中で終わってしまうのです。
なぜならサイトが完成したら次は違う制作が入ってしまうからです。
朝営業して、ご飯食べてサイトの制作して。夜はブログを書く。
この自分の作業ルーティンの中に「運営」という部分を入れなくてはいけません。
だって作ったサイトを「もう知りませーん」なんていうことはできないんだから。
せっかく作ったサイトで成功してこそ出世に繋がるのだから。

なので、自分の作業の中に、「アクセスの確認」「サイトの細かいUI修正」などそういった作業を入れていかないといけないと反省した次第です。

飛べない社畜 ~今週の現在進行形でテンション下がる出来事~

冒頭でも述べた通り、現在僕は空の上。
ユナイテッド・エアラインにて旅をしています。
僕の席は三人シートの真ん中。
左には奥さんがいてます。
右側には知らない男性。
何がテンション下がるかって、隣の男性の息がマジでくさい。
ぶっちゃけ殺意に目覚める緒方になりそうなぐらい臭い。
たぶんこの臭さは虫歯の匂い。
自分も喫煙者なのでタバコ臭いなど人に迷惑かけることもありますが。。。
やっぱり密室内や公共施設内での殺人臭は本当にやめてほしいです。

ogata01

スタートから切ないです。

飛べない社畜 ~今週のかれらちゃんへの思い~

セブンコードの仲間であり、セブンコードのアイドルであるかれらちゃん。
彼女は毎日毎日たくさんの話をしてくれます。
特に最近多いのが「ミニオンズ」の話。
あの黄色いの知ってます?ゴーグルみたいなのをかけた生物。
こいつらが可愛すぎるという話をずっとしています。
僕は見ていないので、ふ~んと聞き流していました。
・・が!今日の飛行機の中の映画でミニオンズがあるじゃないですか。
これは今後のかれらちゃんとのコミュニケーションのためにも見とかないと!
と、思って今見てるのですが・・・・・・・

おもんねぇええええええええええ!!!

02

くっそつまらんぞ!www
確かにミニオンズはかわいいですが、かわいいのはボブ?っていう名前の一番間抜けなやつだけがかわいい。
他のやつは・・・そんなに。
そしてストーリーもおもんない・・・笑
なぜミニオンズがこんなにも流行っているのか。
単純に「かわいい」っていう部分なんでしょうね。
本当に女の子に限らずかわいいは正義です。

今後自分たちでメディアを作る際に一つ重要なことですね。
ストーリー推しでいくのかキャラ推しでいくのか。
ターゲットはどこにするのかってことですが、大事です。
かわいいは正義。
かれらちゃんはかわいい。
ミニオンズはおもんない。

今週の社畜緒方 ~まとめた話~

さて第三話ですが今日はこんなところでしょうか。
今から僕は社畜という立場をすべて忘れて楽しもうと思っています。
セブンコードは自社のことをブラック企業と呼び、われわれ社員を社畜として
こき使うものすごいあくどい会社という見方もあります。笑
ですが、結婚式でしっかりとお休みをくれ、新婚旅行という人生で最高に幸せな瞬間もしっかり休みをとらせてくれる。
素晴らしい会社ではないでしょうか??
え?あたりまえ?笑

04

そんなことありません!こんなに素敵な会社です!
一緒に働きたいという人はぜひともご連絡ください!!!


telmini cc58
The following two tabs change content below.
緒方勇祐

緒方勇祐

社畜の緒方。ナマステとも呼ばれます。 お金は稼ぎたいけど働きたくありません。管理者になりたかったけどなれませんでした。本能の赴くままに好きなことしか出来ません。ちょっとだけ人生に絶望しています。だけど楽しく生きています。本当は楽しく生きるだけじゃだめなの知ってます。でも楽しく生きてます。