ハワイでもブログを書く社畜~社畜が年収600万になるまで~

ハーイ!アロ~ハ~!
ハウアーユードゥーイング!

みなさんこんにちわ。
社畜の緒方です。

先週は機内から書いておりましたが本日はハワイのホテルから書いております。
でもこの公開日にはもう日本に帰ってきております。
多分社会復帰できずにつらい毎日を過ごしています。
さて、今週はお休みを頂いているので、せっかくなので社畜inハワイで書いていきたいと思います。

05

それではさっそく!

飛べない社畜 ~今週のちょっと勉強~

ハワイと言えばシーフードにステーキ!バーガーにタコスとなかなか味の濃いものばかりです。
アイスもジュースもめちゃめちゃ甘いのでなかなか日本人の胃だとしんどいものがあります。
僕も結構限界なのですが、せっかくハワイに来ているので日本食なんてナンセンス。
ファックユー日本食という気持ちでいたのですが、彼女のほうが限界を迎えました。
「お願いだから今日は出汁が食べたい」と。
そう言われては仕方ないです。
日本食のお店を探していたところ、なんと「丸亀製麺」がありました。

01

目を輝かせる彼女。
仕方ないので行こうと思いましたが、アホみたいな行列。
「MARUKAM UDON」には日本人だけでなく外人もあほみたいに並んでいます。
まさかの大人気店。ほかを見渡しても並んでいるところなんてほぼほぼありません。
強いて言えばエッグスンシングスは少し並んでいますが、それでも丸亀製麺の行列にはかないません。
日本と同じで並んで天ぷらとかも取っていく式。
日本と違うのはフライドチキンの天ぷらと、スパムむすび、マッシュルーム天ぷらなどがあること。

02

そしてやっとこさ食べる時がきました。
うん、出汁はうまい。しっかりとうどんの出汁だ。
ですが、肝心の麺が。。。
のびのびというか、まったく腰がない。そう、コシがないんです。
理由を考えました。入り口で見た光景が頭に浮かびます。
入り口では麺を茹でるかかりのスタッフがずっと麺を茹でてるのですが、お湯につけてからめちゃくちゃ長い間他のスタッフとしゃべってるのです。麺は完全放置です。
だからのびてるんだ・・・でもいいんだ・・・それがロコだろ?
と自分を納得させました。

04

というのは冗談ですが、昔何かのテレビで見たのですが、うどんやそば、ラーメンなどの麺類をズズッとすすれるのは実は日本人だけらしいです。
外人さんは基本的にズズッができないと見ました。
ということでスッと噛み切りやすいようにコシをなくしているんじゃないかなと予想。
香川県からは撤退した○亀製麺ですが、ハワイでは大人気の裏には色んな事情がありそうだと感じた今日この頃。

飛べない社畜 ~ちょっとおもしろかった話~

ハワイでは公共施設は全面禁煙。
なので当然ホテルも全室禁煙です。
スモーカーな僕は毎回ホテルの下に降りて喫煙所で吸っていました。
たばこの帰り、エレベーターに紙袋を20個ぐらいもった白人のおじさんが乗ってきました。
結構ダンディーでかっこいいおじさんです。
あまりにも袋を持っていたのでつい見ていたら、目があいました。
「・・・this,My Mom・・・」(左手)
「・・・this,My Wyfe・・・」(右手)
「・・・・・Crazy・・・・・・」
それだけだったのですが、僕はなぜかめちゃくちゃ笑いました。
おじさんは悲しそうでした。
さらに言えば肝心のワイフとマムはいなかったので、先にホテルの部屋に戻ったんだと予想。
荷物持ち&車の駐車を任されたんだろうなと思うとよりいっそう笑いがこみ上げてきました。

どこの国でも女はクレイジーだということですね。

飛べない社畜 ~ハワイアンフォトウェディング~

今回の新婚旅行のメインイベントでもあるフォトウエディングをしてきました。
僕はもともとハワイで式をあげたかったのですが、彼女がどうしても日本がいいということだったので、
そこは折れました。が、前撮りとかは一切せず、ハワイで写真を撮るとこだけは譲りませんでした。
そういうわけで今回のフォトウエディングに至ったのですが、
まずワイキキの中心地のビル内で、タキシードとドレスに着替えます。
女性はそこでヘアメイクも完璧にしてもらえます。
そしてそのままビルから出て、ワイキキのどまんなかを少し歩きます。
周りからコングラッチュレーションと言われてテンションがあがります。

03

そのままビーチに送迎されるのですが、運転手が「今日のカメラマンはねー、ラッキーだよ。」
「ミスターキャサリン」「男なのにキャサリンね。笑」
と言いました。少し震えましたが、予想通り車を降りた瞬間、
「あらかわいいぃぃぃぃ!ほんっとにタイプ!」と言われました。
嫁が「かわいいってどっちですか?」と聞いたら、「アンタなわけないじゃナイ!ダーリンのほうよっ!」と。
そっこうで抱きつかれました。
もう笑いすぎて死ぬかと思いました。キャサリンももこは日本のキャバクラ市(鎌倉市)生まれの47歳。
もう上がっているそうです。
ゲイバード大学のSM学科を主席で卒業したそうです。
カメラをもったのは昨日が初めてで、普段は違うものしか触らないそう。

マジで最高でした。
ちなみに使用していたカメラはcanon 5D。
うちも一緒のものを使っているんだと伝えたところ、カメラの話題は完全にスルーされて、「かわいいダーリンね」としか言われませんでした。
最高にキレイな写真だったのでよしとします。

07

というわけでハワイ偏。
マジで日本ではみんな働いてるのに休みもらって申し訳ないって気持ちと、最高にフィーバーなきもちで
情緒不安定です。

次回は給与公開第二回です!
お楽しみに!!


keiri_kakuyasu_banner
telmini cc58
The following two tabs change content below.
緒方勇祐

緒方勇祐

社畜の緒方。ナマステとも呼ばれます。 お金は稼ぎたいけど働きたくありません。管理者になりたかったけどなれませんでした。本能の赴くままに好きなことしか出来ません。ちょっとだけ人生に絶望しています。だけど楽しく生きています。本当は楽しく生きるだけじゃだめなの知ってます。でも楽しく生きてます。