<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KRK26M" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

日本シリーズから学ぶ1位と他の差【ブラック企業の社内報vol.66】

マミムメもっちょさんだよ(・∀・)
事務所なくても何ら問題ないっちょ。。。
時代の先をいくテレワークを取り入れたセブンコード。
今度プレスリリースしてみるっちょ。
それにしても秋は天気が良いと気持ちよね~ めっちゃ眠いっちょ。
だから、武士は腹八分が大事なんちょ。調子に乗ってお昼ごはんお腹いっぱいに食べると眠くなるから武士は気をつけないと行けないのよね
目次
———————————-
・ブラック企業社長濱野の嘆き
・主な今週の動き
・これからの企み
・弱小企業が勝つために探しましたこれからの流れ
・社畜が気になるニュース
・包み隠さず公開!数値のあれこれ!
 ▼イベントコンテンツの数字
・質問
 ▼社内間で楽しく質問に答えています
・ブラック企業を励ます声
 ▼にょきにょき24のCDを発売します。
・最後に
 ▼社長のつぶやきです。
———————————-
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
・ブラック企業社長濱野の嘆き
日本シリーズが終わりました。
速報でしか見れてなかったですが、速報情報でもドキドキしました。第4~6戦なんか特に盛り上がったんじゃないですかね。
第6戦を観戦してた人はしびれたと思います。
ソフトバンクの4番内川選手がDeNA守護神山崎投手から同点ソロホームラン!
そこから逆転に繋ががってソフトバンク日本一に繋がります。
内川選手は元々横浜だったんですよね。
WBCの内川選手の活躍が目に焼き付いて、そこからファンです。
元々内野手なのにライトの守りに着いてました。
相手韓国の2塁打の当りのヒットを華麗なキャッチで2塁で捕殺。
マジしびれるプレーでした。
これです(・∀・)

その当時の横浜は激弱で、ソフトバンクに移ります。
優勝決定の瞬間の内川選手の涙はぐっと来るものがあります。
頼もしい仲間に会えた喜びなんでしょうね。
ちなみに、この内川選手の涙はスラムダンクのゴリと同じ境地に至ります。
陵南戦で全国行きがまだ決まっていないのに頼もしい仲間たちに囲まれて涙するシーンです。
僕の大好きなシーンです。
スラムダンクはゴリが一番すきで、全国行きを懸けた陵南戦がベストバウトです。
ちなみに僕も沖縄に行って打ち合わせしたりするんですが、頼もしくて泣きそうになります(´;ω;`)
ここから結果を出さないとダメですね。マジで。。。
さて、この日本シリーズ。予想以上の結果で善戦したDeNAですが、ここから学べる重要な事がございます。
今日は、成功と失敗を分ける日本シリーズから学ぶ超重要な事!! 
続きは【ブラック企業の社内報】を購読お願いします

ブラック企業社長のハマノーン

ブラック企業社長のハマノーン

おだやかな心を持ちながら社会への激しい怒りによって目覚めたブラック企業社長である。ペラペラの理想論を振りかざすホワイトヅラした奴らは許すまじ。

関連記事

TOP