北海道に拠点を作るんだ!! 

はひふへほ〜 8年ぶりのスノボーしたもののお昼休憩でそのまま夕方の終了時刻まで寝てしまったブラック企業社長のもっちょさんです。

北海道に拠点を持ちたい理由をたまに聞かれるのですが、その都度答えるのが、おいしいからw

これだけだと、みんなピンと来ないらしいので、これからの野望を改めて整理したいなと思います。

まず、何をやるにしても優秀な仲間ってのが必要です。

そして優秀な人はお金に困ってません。どこからもウチに来て欲しいと声がかかるので、その気になれば就職はいつでもでき、どこで働くか選択権があります。

お金に困ってない優秀な人が「どんな仕事をしようか」を選ぶポイントは、そこにお金で買えないものがあるかどうか。

今後は日本は貧乏になっていくので、世界をターゲットに色々仕掛けないといけません。大手はすでに世界中の優秀な人を採用しています。

ソフトバンク、ユニクロもすでに昔から国外の採用に力を入れていてメキメキと会社が伸びています。

楽天は社内で英語を公用語にし、役40億円の年収を支払ってイニエスタを起用してます。

この流れは今後も変わらなく、外国の優秀な人の取り合いになってきます。

北海道のおいしさは、東京ではいくらお金を払っても味わう事ができません。

ましてや、雪景色、その中での温泉。

お金で買えないものが北海道にあるんですね。

なにより僕自身が北海道の虜です。

北海道の良さをまずは仲間に知ってもらって北海道で拠点を作る。そしてニコニコしながら仕事する。

コレが今後の優秀な仲間を集める戦略としてはかなりの武器になると踏んでいます。

僕らはIT企業なんです、どこでも仕事できるのに、わざわざ東京にいるってめちゃくちゃもったいない。

東京には仕事が集まって北海道にはあんまり仕事がないみたいです。

東京での仕事を北海道に持って行く。

10年前にセブンコードが沖縄でコールセンターを立ち上げたのと同じです。あの時は立ち上げて2年で沖縄進出を果たしました。

北海道への拠点もたぶん2年以内に行けるかと思います。

北海道、東京、沖縄。日本の重要都市を抑えて好きな時に好きな所で働けるようにする。コレが今考えてる採用戦略です(๑╹ω╹๑ )

では、今日はこの辺で、グッド、ブラック!!

こんな記事をオンラインサロンでほぼ毎日投稿してます。
もっちょクリエイティブ・ラボ


cc_kakuyasu_banner
telmini cc58
The following two tabs change content below.
濱野 秀昭
株式会社セブンコード 代表取締役 エアコンが苦手。弱冷房で死にかけた