30歳手前で仕事に対して焦っている人へ

社畜る~? 逝く逝く♪ \(TдT)/

どうも緒方DEATH!

先週は社長と生放送で会話したことをブログに書き起こしたため、
めちゃくちゃ書きやすかったのですが、今週は放送がなかったのでいつものブログに戻します。

先週は「過労で自殺する人を無くすために出来ることを考えてみた」という記事を書きました。
放送中では案の定、否定するセリフを吐く人が現れましたが、決してバカにしているとかではなく、真剣に考えた結果です。
賛否両論あると思いますが、ぜひ読んでみて下さい!!

さて今日ですが、僕が最近ハマっている少女漫画から、自分に照らし合わせて色々考えてみようかなと思います。

30代はチャンスがピンチ

111501

最近「東京タラレバ娘」っていう漫画にハマっています。
来年からテレビドラマ化も予定されている作品ですが、完結に言うと、「タラレバ」ばかり言ってきた30代女性の話しです。
結婚や恋愛、仕事すべてに焦っているタラレバ娘達。

この作品の中にめちゃくちゃ刺さったセリフがありました。


「あんたらの歳だとチャンスがピンチなんだよ
ピンチがチャンスなのは若いうちだけ」

脚本家で30代の主人公が、若い売れっ子作家の代役を頼まれます。
若い内は「チャンス」だったけど、30代になって、どんどん若くて優秀な人がいる状態になると同じ状況が「ピンチ」に変わってしまう。
なぜなら出来て当たり前だから。
その仕事はこなせて当たり前になってくる。失敗するということはただ評価を下げるだけ。
出来ても褒められない。

マジでこういう状況なんだなと思う。

デザインが出来る後輩が育った。
メディアができ、総務でまとめれる後輩もいる。
顔出ししてかわいい女の子もいる。

じゃあ自分は?

彼女たちと一緒のことをしていたら行けないんだな。
なんだろう。自分の状況に突き刺さった言葉でした。

給料あげたいを本気で思えていない。

111503

給料あげたい。管理職になりたい。大阪支社出したい。
自分は色々とやりたいことを言ってきたけど、「本気じゃないんじゃない?」とよく言われる。

「いつか結婚したい」なんて言ってるヤツは間違いなく
現状現時点で今の生活に大満足してるヤツってことなんタラ
じゃなきゃ「すぐ結婚したい」「今年中に」って言うだろうが

これは「いつか結婚したい~」って言ってる30代女性の主人公たちを痛烈に批判した言葉。

まさにこの通りなんだ。
「◯◯したい」と本気で思ってるならすでにそのために動くべきなんだ。

これはたまに生放送に出てくるしもん君を見ても思う。
しもん君はあっと言う間に自分で行動して、自分の会社まで作ってしまった。
わからないことなんてたくさんあるだろうに、意にも介さず自分で調べて、人に聞いて。
それを「すごいな、しもん君」なんて言いながら傍目に見てる自分がどれだけ惨めかと。

いつまでも新人気分でいるな

111502

自分の営業方法でめちゃくちゃ怒られた時、
「新人でもそんなミスしない」と怒られました。

酔って転んで男に抱えて貰うのは25歳までだろ
30代は自分で立ち上がれ
もう女の子じゃないんだよ?おたくら

上記は30代主人公が酔ってコケた時に甘えようとして、辛辣に言われた一言。
まさにこの通りだ。

新卒二年目のよね、三年目のかれらちゃんならまだわかる。
でも6年も努めている上に管理者になりたいなどと言ってる男が、新人でも出来るようなことで支えられまくっている。
なんなら色んな制限されたり新たなルールを作らせたり。

マジでそのレベルにいる場合じゃないことを自覚しなくてはいけない。

自分が真にやりたいと思うことを目指す。

「本気になる」ためには「本気になれる目標」がいる。

111504

オレの「目標」が全部本気で思えてない、考えれてないから何もかもが中途半端になってる。
この会社でどういう仕事がしたくて、どんなポジションで、いくら稼ぎたいのか。
ちゃんと自分が本気で目指せるようにしなくてはいけない。

せっかく社長や広瀬さんっていうなんでも話せる先輩、上司がいるんだから色々聞いて相談してみよう。
自分の漠然としたことでいいから相談。
答えが出ないなら相談。

やっぱり家族が一番大事で、少しでも一緒の時間を作りたいって思う。
それを会社の目標と照らし合わせてうまく自分の目標と合わせていこう。

そろそろ来期の目標も決めなくてはいけないし、本気になれる目標を作ろう。

まとめのまとめ

社長にこのブログをお送りしたところ、

「毎回反省してるだけだけどこれでいいの?」

と言われました。
確かに、ただただブログで「自分は出来ません!」って公開して終わってるんだよな。
ちゃんと解決案を出さないといけない。

今もう一度読み直したところ、今回のオレの問題点は・・・

「もうすぐ30歳になるにも関わらず、新卒レベルのことが出来ておらず、このままじゃマズイんじゃない?」
ということ。

ここ最近ずっと言われてるけど、「やる」って言ったことを「やる」。
ほんとにたったこれだけでかなり違う結果になってくるんじゃないかなと思う。

自分で考えて、いつやるのか決めて、その通りに動くだけ。
たったそれだけのこと。

そんな当たり前の社会人の基礎の基礎を今は管理されている状態だからいけない。
まずは年内あと二ヶ月。
そこだけでも徹底してやろう。

今更バカなの?って言われそうだけど、そのたった1つのことだけでも出来るようになる。
東京社員の管理から抜け出してみせる!!!


社畜るって何?
telmini cc58
The following two tabs change content below.
緒方勇祐

緒方勇祐

社畜の緒方。ナマステとも呼ばれます。 お金は稼ぎたいけど働きたくありません。管理者になりたかったけどなれませんでした。本能の赴くままに好きなことしか出来ません。ちょっとだけ人生に絶望しています。だけど楽しく生きています。本当は楽しく生きるだけじゃだめなの知ってます。でも楽しく生きてます。